蜜蜂と遠雷の作品情報・感想・評価・動画配信

蜜蜂と遠雷2019年製作の映画)

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「蜜蜂と遠雷」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

3.6
全く一般向けではない映画をまたしても観てしまった。
まるで、ピアノの業界のドキュメンタリーをみているような映画でした。

クラシックに対してある程度の知見があったほうが楽しめます。

また、コンクールという狭い空間の中で、才能と葛藤と努力、そして楽しむということ。そういうハーモニーがあるような。

はい、自分はハマりませんでした。
百

百の感想・評価

2.5
世界との連動みたいなものが
同じピアノを題材にした「羊と鋼の森」
のほうが感じられたような気がした
恐らくメインがそこではないのだろうけど

原作を読めていないから
分からないけれど
それぞれのバックグラウンドが恐らく重要で
でもそれがどうもふんわりしていて
それほど、グッとは来なかったかな…

でも松岡茉優さんのお芝居観たさで
ここにきたから
そういう意味では最後のシーンは
やはり雰囲気があって
流石のお芝居だなと感動しました

あと個人的に
あ、これ手元は撮っているけど
音はプロの方だよな
それとも手元のみのシーンすら
ご本人と同じ格好をしたプロのかたなのかな
とか考えすぎて
あんまり集中出来ていなかったように
思えるのでこればかりは自分のせいです


兎に角
ピアノを習っていた頃の自分を思い出せたし
ピアノの練習は大っ嫌いだったけれど
ピアノは大好きで
この世で聞こえる美しい音が好きなことには
変わりがないな〜と再認識した
それにそんなふんわりと雑な感覚でいる
自分も愛おしいな〜なんて
なんだか僕の人生が急にホッとした気がする

近々
プロコフィエフとベートーヴェンのlpを
買って外でお酒でも呑みながら
ゆるりとしたいな〜と思いました

音楽はいいですね
miyuki

miyukiの感想・評価

3.6
ピアノの音色ってやっぱ好きだなぁ。
本選のピアノ×オケは鳥肌もの。
映画館で見てみたかったな。
森崎ウィン、ピアノも似合う。カッコ良い。
Ren

Renの感想・評価

-
馬の描写がなあ、ちょっとなあ、

スラムダンクみたいな展開の早さ
映像化が難しいと言われていた作品だけど、これを文章で小説にした方がすごくないか!?と思って観終わりました。

松岡茉優は相変わらずバケモノ。
鈴鹿央士くん、すごく良かった!
salwa

salwaの感想・評価

3.5
2022年8月6日。
shio

shioの感想・評価

2.1
うーんふつう
なこ

なこの感想・評価

-
セッション
共鳴
引き出した使命
>|

あなたにおすすめの記事