蜜蜂と遠雷の作品情報・感想・評価

上映館(10館)

「蜜蜂と遠雷」に投稿された感想・評価

いもみ

いもみの感想・評価

4.0
映像も音楽も感情の変化もすべてが美しい映画だった。出てくる人全員かわいい…。
松岡茉優ちゃんが可愛すぎて青色のコート着たくなった。
映像化してくれてよかったと思えた
原作本を読まずに視聴したため、心理描写をきっと本が物語ってくれていそうで
読みたくなった作品
この音は映画館だからこそ観てよかったと思える映画.
ぽ

ぽの感想・評価

3.7
カザマくんがこの世界の天使な雰囲気があって持ってかれた感。彼は間違いなくギフトだった。
それぞれのキャラにそれぞれのストーリーがあって、お互い影響しあってて、どこかで繋がってて、それをひっくるめて包んだカザマくん。って感じの印象。

世界に音楽が溢れてる中で、動物に馬のチョイスはハマったと思う。
マサルのたまに出る英語には笑ってしまう部分多かったけど。わら

あれだけ演奏シーンが長い&多いってのもすごいなと思ったし、魅せられた。
葉

葉の感想・評価

-
地球が鳴っている
まえだ

まえだの感想・評価

3.9
素敵な作品だった。

あがいても、何者にもなれない私にとって、何者かになろうとする天才側の人たちって、すごい嫉妬する存在ではあるけど、
そういった存在がないと、努力にかきたてられないのかもしれない…
づー

づーの感想・評価

3.0
天才たちの映画。
クラシックに明るくないけど飽きずに見れました。
松岡ちゃんかわいい
蜜柑

蜜柑の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

個性や性格が全く異なる3人がなんとか最後にコンクールで自分の満足のいく音楽を奏でる描写がとても観ていて気持ちのいいものでした。

とはいえ、この話の肝である松岡茉優演じるあやちゃんが立ち直るにあたっての心理的変化やきっかけとかが、ほとんど表現できてなかったので、唐突感のある展開になっちゃったのが残念。
3人とも主人公みたいなストーリー展開だったけど、この場合、あやちゃん一本に絞って話を掘り下げた方が深みのある映画になったと思いました。
sasaki

sasakiの感想・評価

3.0
ドビュッシー!
イイナ

イイナの感想・評価

3.7
仕事上、鑑賞。

タイトルからは、どんな話しかわからず、養蜂場で働く主人公が、雷をきっかけに何かが変わっていくストーリーかと思ってしまったw

失礼しました!恩田陸さんの直木賞小説が原作でした。

2時間の間ピアノの音色を堪能できました。
音楽がスクリーンを通して美しく聴こえてくる。子供の頃、KAWAIオルガン教室に通わされていたのを思い出してしまった。

何はとっても松岡茉優さん。風俗嬢からピアニストまで演じきる彼女は、今や若手実力派女優といえる。しかし、邦画に出てくる外国人俳優たちの演技、台詞回しは何故下手に感じてしまうのだろう。。

映画では彼女の気持ちの変化のきっかけなどは全く深掘りされない。コンテストが進んでいく過程も、盛り上げるような過剰な演出もない。
冒頭と終盤に現れる黒い馬が、何を表現していたのか、、、彼女の心の中?
なぜか見入ってしまう、不思議な魅力をもった映画。
>|