蜜蜂と遠雷の作品情報・感想・評価・動画配信

蜜蜂と遠雷2019年製作の映画)

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:118分

3.7

あらすじ

「蜜蜂と遠雷」に投稿された感想・評価

一切の説明が排除され、物語の核となるそれぞれの人物そのものが描かれていたと感じる。

細かい演出がいちいち効いてた。セリフで説明しないとはこういうことなんだよなあ。(風間塵の親指とか)

芹沢興人さん、森優作さんの調律師コンビとクローク係の片桐はいりさん。物語にはほぼ絡まないけど、印象的な人たち。いい感じ。
ゆいな

ゆいなの感想・評価

3.6
クラシックを聴くのがシンプルにすきだからこのスコア
ピアノの音すきだな
osarunosss

osarunosssの感想・評価

4.5
映画館→小説読む→映画館
昨年度の邦画で一番好きかもしれない。

天才たちの世界を体感できる作品。
私的に邦画は映画館に行く意味がある!と感じるものが少ない中で、この作品は音楽映画なだけあって行く意味大いにあり。

ピアノ未経験の私でも、
クライマックスのプロコフィエフ3番は色々胸に込み上げてくるものがありました。

映像は光の使い方(差し方)だったり、手持ちカメラ感だったりが印象に残る。
月光のシーンはとても綺麗で、松岡茉優の恍惚とした表情や目を合わせる感じが凄まじかった。


あとバレエ経験者の私は、
「プロコフィエフは踊れる」と言ったセリフに激しく共感しちゃってわかる!!!!てなってました。(自分が一番好きな作曲家さんなので)
cai4yue4

cai4yue4の感想・評価

3.9
4つの才能がそれぞれに輝いている。
小説を読んですごく感動した。活字を読んでいるのにまるで、音楽が聴こえてくるように感じるほどのめり込んで読んだ作品です。
映画は映像・音でしっかり世界を表現していたと思う。
この内容を映画化できたことに感心しました。編集の難しさがうかがえました。
メインキャストの4人が素晴らしい。
特に天才少年!
この役をオーディションで選び、クレジットに(新人)としているのには好感。 よくこんな天使みたいな子を配役できた!この子でなければ誰がやる!
なつぞらに出てた子、なかぬかやるなーと思ってたら、広瀬すずちゃんがスカウトしたって!若い子の感覚はすごい!
松岡茉優ちゃん、桃李はもうベテランの域に達し、ウィンくんの成長も著しいが、この映画はこの子、鈴鹿央士くんのもの。
p

pの感想・評価

-
ポスタービジュアルに惹かれるものがあったので気になって観ました。

ピアノはやっぱりいいねーー!楽しい。

松岡茉優ちゃんは本当にすごい。表情での感情表現が天才すぎる。(新人)の鈴鹿くん可愛い。
miyu

miyuの感想・評価

3.8
松岡茉優がとても可愛い。天才だなってこの映画で本当に思った。ピアノに情熱をかけている主人公たちはカッコ良かった。自分も情熱をもてるものを見つけたい。
みぃ

みぃの感想・評価

3.2
才能って色々種類があるのかな
nami

namiの感想・評価

2.5
2020.10.18
セリフを言わなくてもわかる登場人物の気持ち
音楽をやり続けた上のものだけにしかわからない苦悩が分かったと言えば、浅はかだが、理解できた。
>|