メラ

ちいさな独裁者のメラのレビュー・感想・評価

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)
3.8
持たざる凡人が権力者の味を占めるとどうなるのか?というのを体現した映画で、これが実話に基づいた伝記映画であることが信じ難いくらいショッキングな作品でした。

 21歳の脱走兵が大尉になって冷徹で残虐な人間になるストーリーだけど、演技による大尉のオーラの凄みや垣間見える若々しさ・大尉らしくなさが見えて、伝記映画だけど一人の若者の姿が少しだけ見えるディテールが効いててそこが面白いです。
"肩書き"という見えざるものですら変わり、箍が外れて悪魔にもなる姿は純粋に恐ろしいし、歯止めが効かなくなる描写が随所に散りばめられていて支配欲の恐ろしさを素晴らしく描いていると思います。それを感じた収容所とホテルの独壇場ぶりは、一番最初の脱走兵として怯える若者とはうって変わる凄まじさがあって、誰もが一定の不気味で嫌な感じになるくらい素晴らしいと思います。
サイコパスな部分もあるけど、嘘を嘘で塗り固めて大尉であると知らしめるパフォーマンス故の残虐さともとれる展開で、恐ろしいけど考えさせられる映画だと感じました。

 そんな一人の脱走兵が大尉として残虐な独裁者へなる伝記映画でありながらも、社会的問題提起の要素が極めて強い映画なのが最後で痛いくらい伝わるのも大きな特徴です。
スクリーンで映る"彼ら"の姿は人によって受け取り方が異なると思う。だけれども、"彼ら"は私たちでもあり何らかの引き金次第では"彼ら"になり得る。そのくらい"彼ら"にさせた心は現代に生きる私たちの心に潜んでいると思うと良いメッセージ性がある作品だと感じます。
ヴィリーヘロルトのような人間になるとは思えないけど、例えば宝くじで3億円当たったら自分の中の箍が外れて今までの自分に戻れなくなるのかな・・・と思ってしまう、そんな映画です。