Rucola

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密のRucolaのレビュー・感想・評価

3.8
最近、映画館であるCMをよく観る。
…といっても、まだ2回くらいだけど。
ゾンビが出てくるCM。意外とゾンビのクオリティは良い。
なんとTOYOTAのCMだからびっくり。
映画館向けのCMなのかな。だからゾンビ?
誰か観たことある人いませんか?

というわけで、楽しみにしてたこちら!
キャップがキャップじゃない、下品ワード連発なミステリー映画。

冒頭の映像と音楽からして好み。
洋館、いいな。住んでみたい。
出てくるキャストはどの人も超有名!
画面が豪華すぎる〜

ストーリーは、『相棒』の超豪華キャスト、みたいな感じ。火サスのような雰囲気を感じつつも、キャストの豪華さでそれはあまり気にならなくなる。
でも途中までの展開、どこかで観たような既視感…いや、それもキャストの豪華さでカバー!

肝心のキャスト。
アナ・デ・アルマスちゃん、なんて可愛いんだろう♡笑った顔、困り顔、泣いた顔、どれも可愛い!
キャップことクリス・エヴァンス、正義感あふれる彼のイメージとは全く違うダメ男。それもまた良し。

顔面インパクトありすぎのトニ・コレット&マイケル・シャノン、グレーヘアが似合うジェイミー・リー・カーティス、実はダコタ・ジョンソンのパパのドン・ジョンソン、いつの間にか名前変わってる元ジェイデン・リーバハーくん、ヨーダってこんな顔の人だったのねフランク・オズ、素敵なおじいちゃまクリストファー・プラマー。

あ、ダニエル・クレイグ忘れてたー
ジェームズ・ボンドとはだいぶ雰囲気違うけど、やっぱりちょっと苦手。

始まりから終わりまで、ちゃんといろいろ伏線回収もあり、すっきり観終われる好きなミステリー。

すでに続編製作決定しているようで!
次回作も豪華キャストでお願いしたいな。

余談。
ジョセフ・ゴードン=レヴィットの名前がエンドロールにあったけど…あれは気付けない!!