ピートロ

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密のピートロのレビュー・感想・評価

4.0
資産家の遺産相続にまつわる殺人事件を題材とした正統派ミステリ。
セリフのなかでピンチョンの『重力の虹』の書名があがるところは、なかなか通好みだと思った(とはいえぼくは読みたいと思いつつ未読…)。
原作がないのにしっかりしたストーリーなところもえらい。
軽快なテンポのテンタメ作品ながらも、移民問題なども自然に盛り込み、事件も適度な複雑さで総合的にはすばらしいとは思ったが、ダニエル・クレイグ演じる名探偵ブランのキャラが薄い(というかほぼない)のが欠点かなと。

追記:ブランはフランス名なのに南部なまりという点が特徴らしいが、英語に疎いのでそれがどのくらいのインパクトなのかわからなかったのが残念。