ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密の作品情報・感想・評価・動画配信

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」に投稿された感想・評価

資産家の遺産相続にまつわる殺人事件を題材とした正統派ミステリ。
セリフのなかでピンチョンの『重力の虹』の書名があがるところは、なかなか通好みだと思った(とはいえぼくは読みたいと思いつつ未読…)。
原作がないのにしっかりしたストーリーなところもえらい。
軽快なテンポのテンタメ作品ながらも、移民問題なども自然に盛り込み、事件も適度な複雑さで総合的にはすばらしいとは思ったが、ダニエル・クレイグ演じる名探偵ブランのキャラが薄い(というかほぼない)のが欠点かなと。

追記:ブランはフランス名なのに南部なまりという点が特徴らしいが、英語に疎いのでそれがどのくらいのインパクトなのかわからなかったのが残念。
R

Rの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

簡単に見れて面白かった!ボストンな街並みが素敵だった。

アメリカのヒーロー、クリスエヴァンスが救世主になると思うか、
人気者の登場をここまで引っ張るのを疑うか。
間違いなく後者が多かったでしょうね!
Akiyoshi

Akiyoshiの感想・評価

3.5
色んなことが序盤から判明していく新しさも、成功してしまったが故の家族支配も、全てを解放するラストも流れが見事だったライアン・ジョンソン監督の手腕が輝いた。ダニエル・クレイグ久しぶりに見たけどスカした役似合いすぎてイメージがスーパー紳士だよ。豪華なキャストの中でもスーパースターとしての「何かしてくれるんじゃね?」感が半端ない。

最終的にマルタ(アナ・デ・アルマス)の設定が生き生きしてたのが感情を引っ張るのがすごい。他のキャストに関しても深く掘り下げたりはしないんだけども、家族のしがらみ、利益に対する思惑が気持ち悪い中で唯一の救いがあった点が何とも皮肉的で笑いながらジーンと来た。

新型コロナウイルスが流行って人の悪意が感じられることが増えているけども他者に対する気持ちは純粋無垢だと教えてくれる優しい映画でした。
みぃ

みぃの感想・評価

3.8
面白かったし、さくさく観れた。散りばめられた伏線の回収もなるほどそこで使うのか!って感心させられた。
お父様の通りにすれば全てうまくいく

ストーリー
85歳のパーティの夜、ハーランは謎の死を遂げる。
私立探偵であるブランは謎の人物からの依頼によりハーランの豪邸へと訪れ、事件の真相を探り始める。
一方親族は莫大な遺産が誰に渡るのかを心配していた。


予備知識なしで見始めたので、イギリス版犬神家の一族が始まったかな?とすら思った。
アメリカ映画らしいんだけどなぜかイギリスの風を感じるのであえて”イギリス版“でw

親族一同が集まって表向きではハーランの死を悲しみながら、心の奥底では自分が持っている(ハーランから渡されている)お金や会社がどうなるのかばかり気にしている。
どこの国でも一緒なんですね。知らんけど。

家政婦や専属看護師を含めた全員が第一容疑者になって、ブラン(ダニエル・クレイグ)が徐々に真相に迫っていくという
ミステリーの定番というか、ありがちな設定なんですよね。古き良きミステリー。
それが現代的に再構築されていて、見ていて飽きない映画だったと思います。

あとクリエヴァまじかっこいい
Sayaka

Sayakaの感想・評価

3.8
なんだか最近珍しいくらいの、正統派ミステリー。
俳優陣がとても豪華だし、湖畔の館って本当いいなぁ、と思いました。
MaiAndo

MaiAndoの感想・評価

3.6
ダニエル・クレイグ!と思ってブックマークしていた映画。満を持して見ましたが、エンタテインメントとしては、最高に良いですね!ダニエル・クレイグが英国訛りではなくて、南部訛りの英語を話していたことかわからなかった!!
Aki

Akiの感想・評価

4.2
こんなにも、犯人捕まらないでーーーって思う映画初めて。
キャストも超豪華だし、終わり方も素晴らしい。久しぶりにストーリーでちゃんと面白い!!って思った気がする
内面や立場の対比に、ストーリー展開といい秀逸。
キャスト豪華すぎて興奮したわ。
アナデアルマス、今回は素朴な移民の役でよかった。

ダニエルクレイグは007とはまた違う味で◯
>|