ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

上映館(136館)

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」に投稿された感想・評価

shiorit

shioritの感想・評価

4.1
ストレス発散にちょうどいい映画。
犬は良い人、悪い人がわかるんだね。
個人的にとっても好きな伏線回収、映画らしい映画でした。
f

fの感想・評価

3.5
めっちゃおもろかったけど…
推理モノで社会問題的なのを取り上げるのってあんまり見たことないからアカデミー向けでいいなと思った
女にLGBTに移民にユダヤに有色人種にアメリカはいろいろ差別で忙しいね〜…
ただ割と自分が推理小説好きで本は推理小説しか読まんしドラマも事件系のドラマずっと見てて、
この映画もどんでん返しがウリやったからどんなどんでん返しが…と思ってたら
メタ発言するとキャストで分かる
中国版のポスター見たらおもくそこいつやないか爆笑みたいな
誰が犯人や…!みたいなのが売りの割に犯人に捻りがない
ただどういう経緯でみたいなのはちゃんと伏線があって面白かった
まぁ伏線の件もレビューでよく見た見事な伏線回収!ってコメントの割にそこまで伏線なかったけどな
こんな俳優がこんな役を?!みたいなのがこの映画を楽しむ醍醐味の一つでもあるけど、仮にキャストがみんな無名もしくはみんな同じような有名度と人気やったら犯人はもっと意外性があって良かったかもしれん
あとハイテンションっちゃハイテンションやけど笑いどころは予告編に全部集約されてるから、予告見て爆笑シーン期待して見たらそこまで笑うシーンはない
文化が違いすぎるのもあるけどKFCのくだりの「笑うとこやで!」って雰囲気の中の劇場内の静けさたるや…泣
ストーリーはめちゃくちゃ良かったけど単純に推理モノとして楽しむには無難って感じがした
れ

れの感想・評価

2.8
日本語字幕、つけた人も大変だっただろうけどコメディ要素撲殺しててひどすぎた………あとショタじゃなくなってたし出番少なかった…

このレビューはネタバレを含みます

海外の俳優微塵も知らないんだけど、犯人役の人がホームステイ中に惚れたスクールの先生に激似で名前まで一緒で年齢も近くて「まさか!?!?」と思ったけど赤の他人でした
そりゃそうだ
ニコ

ニコの感想・評価

4.1
出てる役者が魅力的すぎて、パラサイトと迷った挙句こっちを鑑賞。

シェイプオブウォーターの強面の人とか、ヘレディタリーの夢遊病母ちゃんとかが醜く遺産をもぎ取ろうとするのを見るだけで至福(笑)。

ミステリーとしてすごく面白かったし、人間の醜さを堪能出来ました。
nutaki

nutakiの感想・評価

3.8
行こうか迷ってたけどフォロワーさんに勧められ観て来た。にわか雪で帰り道に転んだけど😅それでも行って良かった。ライアン・ジョンソン監督はアガサ・クリスティーのファンでクリスティーに捧げる作品と言っている。えーと、私も僭越ながらアガサのファン。しかもファン歴の長さはライアンには多分負けんよ。ハヤカワ文庫のアガサ作品は殆ど持ってる。古いのは字が小さいので、毎月1冊買って古いのは捨てる、という作業をしつつ本棚のど真ん中で、赤い背表紙の美しい列が増えていくのをニヤニヤ見てるのだ。で、この映画。面白かった~!
『Knives Out』複数のナイフが出てる?意味はひとつでないみたいだが、丸い円形状のところにナイフが沢山ある。その前にダニエルが立っているポスター、かっこ良かった。このナイフがキーポイントになる。
出だしから好き。あの屋敷と内部の家具などなど素敵過ぎて家で観てたら巻き戻して細部まで見たくなるだろう。現場である書斎なんて憧れる。屋敷だけを見れば、アガサの作品の世界にタイムスリップしたかのよう。古い家を買ったという設定で、時代は現代というのも良いね。事件が起こる。使用人のキャーーーから始まるというのも王道で良い。
この屋敷に住む推理作家ハーランをクリストファー・プラマー。85歳の役だが実年齢90歳。まさかトラップ大佐が晩年、それもかなりの晩年にこんなに活躍するとは思わなかった。長生きも良かね。
名探偵ブノワ・ブランにダニエル・クレイグ。プラマーとは『ドラゴン~』でも共演してた。しかし、この名前、スイーツみたいで美味しそうな名前。
007が今作では私立探偵。名探偵なのか迷探偵なのか?なんせコメディー仕立てだからね。
ハーランの看護師マルタにアナ・デ・アルマス。もうすぐ公開の007でもダニエルと共演。キューバとスペイン国籍のはっきりした顔立ちの美女。今作では大活躍。
家族の面子が凄い。豪華でこれだけで観る価値ある。
長女をジェイミー・リー・カーティス。トニー・カーティスの娘がすっかり老け役で。というかもう61歳なのね。その夫はドン・ジョンソン。70歳にしては若々しい。
長男の妻にトニ・コレット。ちょっと怖かった。かなり痩せてて不気味。個性ある演技で引き付ける。
次男はマイケル・シャノン。言わずもがな。でも今回は普通で物足りなかった。やっぱりクレージーな役が合ってる。
リンダの息子にクリス・エヴァンス。キャプテン・アメリカが、まさかの下品な言葉やふてくされ態度。イメージ違って新鮮で良かった。そのくせ、白いセーターなんて着てて、その下は完全にムキムキだと思わせる腕の辺りの太さに、何だかキュンとなるわ~。キャプテン・アメリカは引退したし、これからは色んな役にチャレンジするのかな。
地元の刑事に年齢不詳の高齢な母親など、その他の俳優陣も個性的だった。
ストーリーも悪くないし、テンポも良かった。2時間超飽きない。
特別ハッとするほどではないが、小気味よい楽しい娯楽ミステリーだった。
ミステリーはやっぱり良いね♪
にゃー

にゃーの感想・評価

4.0
最初から最後まで面白かった
セットや衣装が凝っておりオシャレでカッコよかった
脚本も裏をかかれる展開が多く、全ての伏線を回収して最後まで騙された
ミミ

ミミの感想・評価

3.7
こんな可愛いダニエル・クレイグ、見たことない。笑
ピアノをポロン、ポロン、と叩いていた時はまだ底知れぬ不思議なオーラがあったものの、口を開くとよくしゃべるよくしゃべる。
女の子に車を運転してもらったり、車の中で大熱唱したり、やる気満々でサスペンダー姿になったかと思いきやまたジャケットを羽織ったり。
007シリーズでは見れない、可愛らしいダニエル・クレイグと出会えます。
序盤で犯人が明らかになったかと思いきや、謎は深まるばかり。ここからどうやって展開するのだろう?と思っていたら、最後にやっぱり裏切られる。
これだからサスペンスはやめられない!
ミステリーといえば「誰が犯人なんだ…」「殺人のトリックはなんなんだ…」を焦らして焦らして最後にネタバラシ!!!が王道だと思うのだけど、そこをうまく外してきておもしろかった〜!
探偵ものとしても、味方であり正義であり応援されるべきであろう探偵が、途中まで「いい仕事するんじゃね〜〜〜推理外れろ〜〜〜!」とこちらに思わせる仕組みになっててよかった。
登場人物の背景も程よい描かれ方でいい。蛇足でも描写不足でもない。過不足ないな〜〜いいものみた〜〜。
マルタの「○が○○ない」体質を軸に進む脚本だったな。
忘れた頃にもっかい見たい映画!
papico

papicoの感想・評価

3.6
面白いかった。
名探偵のアクはもうちょっと濃くてもいい。次作もありそうなので、もっとキャラが立つといいな。
コメディタッチも悪くないが、マルタの設定と善人過ぎる感じは鼻についたな。