僕たちは希望という名の列車に乗ったの作品情報・感想・評価

「僕たちは希望という名の列車に乗った」に投稿された感想・評価

tarupon

taruponの感想・評価

4.5
すごくよかった。
政治的な対立の中での高校生の行動だが、そこにあるのは観念的な思想ではない。
本能的に感じる自由への憧れ、自由を目指して戦った人への素朴な共感と哀悼の気持ち、友人を裏切ることや自分自身の気持ちを曲げて保身を図ることへの嫌悪 等等。成熟した大人の熟考した行動ではない。一つ一つの行動は純粋に湧き上がる素朴な感情からでてきたもの。でも、それが密告され当局の知ることとなり、国家への反逆とみなされ追い込まれていく。
最初は、クルトとテオがちょっとした出来心から西側の映画館に潜り込み、そこでニュース映像をみたことから始まる。でも、一度知ってしまったことに対して湧き上がる気持ちに蓋をできず、2分間の黙祷をクラスで行い、物事はどんどん大きくなっていく。より多くの情報、真実を知りたいと西側のラジオを傍受しにいったり、そういう中で、最初は何となくノリだったり多数決の中で流されていたクラスの他のメンバーもそれぞれに考えるようになり選択していく。最後テオが、それぞれが考えて自分のとるべき道を考えてというところが印象的。でも、そういう自分の頭で考え始めた人間は、体制側にとって一番厄介で処罰するべき存在。
いろいろなバックグラウンドを持つクラスのメンバーが、それぞれに考え人生に対する大きな決断をしていく、せざるを得なくなっていく姿を、息を詰めるような思いで見守るそんな作品だった。





以下、ネタバレ。

西側に出ていくことを決めたクルト、テオそれぞれの家族との別れに胸が苦しくなる。
西側へ逃れることを勧めるクルトの母、そして高官の父との最後の握手、
一方でテオの貧しいながらも支えあってきた家族との別れ。
どうしても、主人公たちの目線と同時に親の立場でも見てしまうのだが、もう一生会えなくなることはわかっていても、でもやっぱり送り出すことになるのだろうなと思う。

またストーリーの中で、テオとクルトの友情とその動向に心惹かれると同時に、戦争中ソ連側についていながら、おそらく仕方なくナチス側に寝返ることになったあげく処刑された父の真実を知らされるエリックに心が痛む。
あの姿をみていると、心の中で支えとしているものを失った時に人がどう壊れるのかを思い知る。

それにしても、この作品を見て、日本とドイツの戦後の差はこういうことなんだろうなとも思った。
決して、ドイツを無条件に肯定するわけではないけれど、
家族の中にナチス関係者がいたり、迫害された人、裏切った人等、加害者被害者が入り混じる中で、その子ども世代も負の部分を背負わざるを得ず、それについて自問せざるを得ない状況で育っている。
日本は、空襲や原爆の被害者としての意識はあっても加害者としての視点が、島国なこともあり希薄なように感じる(私だけ?)
そういう部分の積み重ねが、他国との関係性の持ち方等に差が出てきているんじゃないのかなと感じた。(まぁ、自国の被害だけをとりあげるのは、日本に限ったことではないけれど)

感情を揺さぶられ、いろいろ問いかけられることも多い作品だった。
はる

はるの感想・評価

3.5
もう少し勉強してからまた観たいです
とてもよかった。

形だけでなく
庶民の生活の中のナチであり
ベルリンの壁がどうであったか。

おかしいと思っていても
家族のために心を殺したり
若さゆえの純粋さが
状況のせいで歪められてしまったり。

人はそれがナチであろうと
社会主義であろうと
なにものであろうとも
その人を縛り痛めつける
傾いた思想の中では生きられない。

西側へ行く列車に乗って
やっとマフラーを緩めた彼の気持ちが
痛いほどわかる気がした。

誰かを見つめて恋をすることも
冗談を言ったりばか騒ぎをすることも
好きなときに空を見上げることすら
はばかるような国が
かつてあったし、今もあるのだ。

そんなところからは逃げて
そして逃げきらなくてはならない。

そんな国では
息をすることもできない。
心から笑うことも、できない。

日本はどうか。
考えられる余裕のある今
考える自由がある今
空を見ながら考えてみよう。
自分の頭で。
そう思った。
きろく 面白かった。ドイツ産の映画好き。

東ベルリンのとある進学クラスで授業中に黙祷をした青年たちの物語。(実話)

うーん、社会主義はいい面もあるだけに悪い面がなぁ…
黙祷しただけで、大臣まで口を突っ込むのは流石に驚いた。
75点
523

想像してたより良作。ラストシーンはじんわりするのに爽やかな晴々しさもあって良かった。
#105

激動の戦後史。もっとよく知らねば🤔
評判通りの良作

この時代を生きた人達が現代の若者を悲観する気持ちもよく分かる気がした
2019年 463本目

実話。少年たちの小さくて偉大な革命。

希望という名の列車、というより、
列車が乗せたのは”希望”だった。

人生は、たった2分間で変わる。

1956年、東ドイツ。これはベルリンの壁が建設される前の物語。
今作の核になる二人の少年。とある日、彼らが出向いた映画館で、あるニュース映像が流れた。それは暴動によって多数の同志たちが犠牲になったという事実。それを受け、純粋な気持ちで黙祷を捧げようとした級友たち。
しかし、この時代において、それは反逆行為とみなされる行いだった。結果的に、国家を敵に回す。
「黙祷」の首謀者を粗探しする学務局。

人生がたった2分間で変わった。

何が正義で何が悪か。それがはっきりしている時代。良心とか、モラルとか、そんな次元の話ではない。言ってしまえば、そういう時代だった、それだけのこと。
「社会主義か資本主義か、はたまた王制か。」
確かに人間は何かにすがる。自分の人生を呪い、自分の行いに始末をつけたくなることも。
しかし、
語るのは正義か悪かではない。何がとか、誰がとかでもない。

何かにすがる前に、立ち上がれるかどうか。そして彼らはみんな立ち上がった。

あの2分間は彼らを、いや国そのものを変えた。
ゆうき

ゆうきの感想・評価

3.7
この後にベルリンの壁が出来たと思うと、これまで意識して考えた事が有りませんでしたが、違って見えてきました。
香港のデモも重なり考えさせられる映画でした。
なまこ

なまこの感想・評価

3.4
観たかった作品その2。
ドイツ分断は知っていたけど
試験の制度がわからなくてふむ、
という感じだった。ラストは納得。
>|