ロリータの作品情報・感想・評価・動画配信

「ロリータ」に投稿された感想・評価

Zoo

Zooの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

今よく使われるロリコンとはだいぶイメージの違うロリコンやったというのが第一印象
確かに幼い少女が好きなハンバートやけど、その魅力は「幼さ」だけではなく少女特有の自由さや奔放さとある種の大人を虜にするコケティッシュさ、妖艶さがあいまっての魅力であったのだなと感じた。

意外に深くて、ロリコンキモいとかだけではなく見方によって様々な印象を持つ

ロリータも最初は性に対する憧れや遊びの感覚で積極的に行っていたのが、母が死に他に頼る人がいなくなった途端にハンバートのことを生きていく手段としか見れなくなり、表面的にしてることは変わらずとも関係性の内実が変化していく様に儚さとやりきれなさを感じた

最後のロリコンであっただけでなく1人の女性として愛していたと気づいた時にようやく過去のトラウマを乗り越えられたのかなという気がした。


ジェレミー・アイアンズの名演技があってこその作品
キルティが途中までと違い、ラストでいきなりチープな存在に成り下がってたのがどういう意図なのか納得できなかったから、2回目見て考察深めたい
ぽん

ぽんの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ずっと気になっていだ映画。やっと観たけれど、昨日観た映画に引き続き、歪んだ愛というか、なんとも言えない気持ちになった。

ハンバートがイケおじだから、あんまり気にならなかっただけで、変なブサイクな男の人が演じていたら、気持ち悪く感じたのかしら?

ロリータ、美人さん✨
当時まだ17歳であったドミニク・スウェインさんがこんなにも妖艶でそれでいて、下品でないロリータを演じていて、すごかった…。

お母さんもいい人だし、美人さんだったのになあ、、、かわいそうだった。
ハンバートからしたら、ロリータと今後も関われるように結婚しただけだもんなあ。

キルティ、死にかけで何故ピアノ弾いていたの!?しかも、自動演奏とは…笑

序盤に出てきたうさぎ🐰の子可愛いって思った方、いらっしゃいませんでしょうか…。いらっしゃっいましたら、あなたは私の同志です笑

後半のハンバートとロリータがぎくしゃくしてきたところから、ついていけなくなりました。

過去の好きな人のことが忘れらないハンバートに、やっとできた好きな人はまだ少女であるロリータ。その彼女は小悪魔的でそれに翻弄される彼の話だと思っていた。でも、みなさんの感想を読んで、ロリータの視点でこの話を観たとき、お母さんを失ってハンバートと生きていくしかない彼女の辛い物語という見方もあるのだと気づいた。私が思っていたよりもずっと深く難しいお話だったのね。

キューブリック版も見てみたいな。

私の拙い読んでくださった人、ありがとうございます😊長文失礼いたしました。
み

みの感想・評価

4.5
可愛い
ぎゃり

ぎゃりの感想・評価

3.4
個々のキャラクターが強くて、序盤から構えてしまった。元の「ロリータ」を知らないので何ともいえないけれど、なんとなくなぞりましたよ~という感じがする、、
ケニー

ケニーの感想・評価

3.6
足りない。足りな過ぎる
くそどもにgirlのエロさがわかってしまう時点で、ダメなんだよ
ゴル子

ゴル子の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

殺されかけてる最中になぜピアノ弾く!?
ryo

ryoの感想・評価

3.5
ロリータがまさに美少女だった。ラストシーンが最高だった。
ロリコンの語源になっただけあって、終始とってもロリコンしてた。さすがにひくわって思うんだけど、なんかその異常さに目が離せなくなるというか、全然飽きなかった。
ロリータ役の子が可愛いし美人で素敵。服も凝ってて可愛かった。
YMC

YMCの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

なんだか小説を読んでいるかのような心地よさよさ。決して退屈しなく、目が離せなかった。
魔性の少女……彼女は誘惑(?)して見事に彼女を死ぬほど愛しちゃうハンバートだけど、結局愛してたのは彼だけだった。愛という言葉を乱用したとも言えるか。

誘惑だと思ったけどあれは生きるためにした事だったのか。とも思えてきた。ローは必死だったんだね。。


なんかみんな狂ってたけどそういう世界観で正しいと思う。なんだかんだで。だって普通の人の心理じゃないもんね。全く共感は出来なかったけど映画としては良かったと思う。
>|