ロリータの作品情報・感想・評価

「ロリータ」に投稿された感想・評価

s

sの感想・評価

5.0
記録
Ichiro

Ichiroの感想・評価

4.0
原作がロリータの語源になった作品。
犯罪映画だが、映像はすごく綺麗。
主人公のおっさんの度を超えたロリコンとドロレスへの愛情は本当にサイコパス。また、ドロレスの思春期の葛藤のようなものも感じられ、引き込まれた。
音楽や映像、衣装その他映画としてはすっっっごく良いので、「おっさんキモい」の一言で片付けるのは勿体ない。魅力的過ぎる少女のあざとさと刺々しさに惹かれて盲目になり、思春期特有の好奇心を好意と勘違いしたサイコパス男ではあるんだけど。教養の無い母親に育てられた彼女に対しての躾けとか、変わり果てた姿を見た時の絶望感とか、娘として見てる部分も大いにあったと思う。でもやっぱり片利共生というか、絶対に必要な存在として逃れられない父親の立場を利用して私欲を満たすのはクズ。多様な性癖の中でもロリコンが許し難いのは、幼い子供の人生を暴力と強制力によって歪ませてしまうからなのだろう。
タロ

タロの感想・評価

3.9
率直にドロレスがエロく、その反面無邪気で子供のような可愛さに惹かれた。旅を通して、主人公が徐々にドロレスに対して狂気的な愛をぶつけていくのに釘付けになった。それが、恋人に抱く嫉妬心、独占欲なのか、はたまた親心からの心配なのか、ただのメンヘラなのか物語の途中ではよくわからなかった。ただ、3年後、ドロレスに会った時のセリフや心境を踏まえると、本当に愛してた(父親、恋人どちらとしても)のではなないかと感じた。
ドロレスを連れ去った男と対峙した時も、「自分は父親だ」と言ってたので、親心が少なからずあったのだと思う。
見終わった後は、なんだか悲しい気持ちが沸き起こった。3年後のドロレスには、主人公に対する愛情がないのもつらく、連れ去った男が1番夢中になった相手の台詞には主人公の気持ちを考えるとただ辛い。
結構引き込まれたので3.9
Anna

Annaの感想・評価

3.8
世界観がすごく好き。
ドロレスの髪型、部屋、笑顔、ファッションがとてもかわいい。
ただ、キャラ的にはそんなに好きじゃないな…
義父のロリータに対する執着が狂気でもあり悲しみでもあり、切なさが残る作品だった。
saya

sayaの感想・評価

2.3
ロリータが可愛すぎて映像美もあったから最後まで観れたけど、本気で中年男が気持ち悪い。でもなんか、切ないね。まっすぐな恋だったのかな、彼にとっては。切ないけど、相手が少女すぎるな、魅力的すぎたけど
歪んでるし、サイコパスだし、狂ってて救われない

でも、映像は可愛かった
>|