KUBO

ヴィニルと烏のKUBOのレビュー・感想・評価

ヴィニルと烏(2017年製作の映画)
3.6
今年の TAMA NEW WAVE ある視点部門で上映された作品。

オープニングからかっこいい!

「画」はいい絵を撮ってる。暗闇を生かしたハードボイルドな「画」がいいし、「画」に雰囲気がある。

いじめからのボクシングって、入口は「はじめの一歩」だな。

と思って見てたら、うーん、終わり方に救いがないなぁ。

エンドロールにかかるテーマソングも、エヴァみたいな明朝体の使い方もカッコいい。

総じて、台詞や演技からよりも、「画」から伝わるものの方が大きかった。これ、映像作品としての完成度はかなり高いですよ。ただドラマと演技が薄い。この監督はいい脚本があればいい映画撮れそう。