ryac

アストラル・アブノーマル鈴木さんのryacのレビュー・感想・評価

4.2
「患ってんの。ずーーーーーーーーっと」

群馬の片田舎で燻ってるYouTuber鈴木ララはシングルマザーの母親と引きこもりの弟とともにあまりに味気ない日々を送る。

イタくて生々しい、ダウナーな笑いが全体を包み込む。登場人物たちの耳に残るどこかズレた台詞や田舎特有の虚無感がとにかくクセになる、とても愛おしい雰囲気の一作。
主演の松本穂花の怪演をはじめ、役者陣もとてもよかった。死んだ目の塾長とか、イケメンなのに引きこもりっぽさが全身に漂う弟・ルル夫とか。

ハイライトシーンは終盤の、ゼイリブみたいな超長回しのあまりに情けない喧嘩シーン。めちゃくちゃ笑えるけどどこか切ない名場面。

どうしようもなく駄目だけど、最後にはかすかな光の差し込んだようなエンディングにも胸を打たれる。
一見イロモノっぽいけれど、とても揺さぶられる映画でした!