テレザ

バード・ボックスのテレザのレビュー・感想・評価

バード・ボックス(2018年製作の映画)
3.8
他のをよく見てるわけでもないけどまたありがちな恐怖スリラーでしょと期待してなかったけど、なかなか面白かった。サスペンス要素、つまり真実がサスペンド(=宙吊り)されることで得られるドキドキ・ワクワク感を前のめりになって味わえたのは「ゲット・アウト」以来。まさにその「ゲット・アウト」もだけど、サスペンス映画は真実を暴く過程に面白さが密集しているのであって実際オチというのは実はどうでもいいんだよね、現にこの「バード・ボックス」も息切れしたのかラストのインパクトは弱い。私は好きだけどフィクションから急に現実社会に問題提起して帰着する感じ…。まあ全体として社会派な作品ではあった。過剰に「視え」すぎている社会はよくないんだと。
心に闇を抱えている人間(社会通念と葛藤の中で善悪を判断する者、つまり大人)が見ると発狂して次の瞬間には自殺をしてしまうという「あれ」の正体をあれこれ想像するのが楽しいね。(無邪気な)子供には効果がないというのだから、造形が怖いだけのモンスターとかじゃないんだよ、もっと圧倒的に人間臭い「後悔」とかそういった観念の具現化された何かなんだろうなあ…。