yumeayu

バード・ボックスのyumeayuのレビュー・感想・評価

バード・ボックス(2018年製作の映画)
3.5
ボーイとガール

サンドラ・ブロック主演によるNetflixオリジナル・スリラー。
"声を出したらおしまい"の「クワイエット・プレイス」と同時期に配信されて話題となりましたが、こちらは"目を開けたらおしまい"という設定。
似たような作品だと「ブラインドネス」や「ハプニング」なんてのがありましたね。

物語は大きく二つのパートに分かれます。
まずは人々が何かによってパニックを起こし、世界が崩壊していく中で、生き残ったわずかな者たちが身を寄せ合いサバイバルするパート。
もう一方は、この出来事から数年後、生き延びた主人公のマロリーが幼い息子と娘を抱えて、避難を決行するパート。
この二つのパート(過去と未来)を行き来しながら物語は進行していきます。

しかし、「目を開けてはいけない(外を見てはダメ)」という、特殊な設定がありつつも、結局はよくある「世界崩壊モノ」のセオリー通りになってしまっていたのは残念でした。

世界の崩壊→生き残りグループ結成→束の間の平和→いざこざ→犠牲者が出る→主人公逃げる→ハッピーエンドorバッドエンド……だいたいこんなフォーマットですかね。
大雑把にいえば今作もまぁそんなところです(笑)。

それでも、それなりにお金もかけているし、サンドラ・ブロックやジョン・マルコビッチなど有名キャストも出演しているので、退屈せずに見ることができました。作品自体のクオリティは高いと思います。

ただ、結局のところ、何を見てはいけないのか? どうしてこんなことが起こったのか? など、謎が解明されないまま終わってしまうので、非常にモヤモヤします。
まぁ、原因は未知のウイルスだとか言われてもベタなだけですからね。このオチでも仕方ないかな…。

"見てはダメ"とか、"声を出したらダメ"とか、とっかかりのアイデアは豊富でもオチの部分が秀逸な作品ってないですよね。
今作も最終的には無難なところに落ち着いてしまった感はある。「ミスト」的なオチになるかと思ってたんですけど…。
そこはちょっと残念かも。