さるさま

バード・ボックスのさるさまのネタバレレビュー・内容・結末

バード・ボックス(2018年製作の映画)
3.7

このレビューはネタバレを含みます

最後まで見るとハッと気付かされるものが多い。
単な集団パニック映画ってわけじゃなくてちゃんと深いメッセージが込められてるってわかるし、そう思うともう一回見たくなる。
実際パニックを引き起こした原因とかは謎のままではあるけど、目が見えない(見てはいけない)環境の中で大多数の人間が狂っていく世界での最後の楽園が、視力障害者の暮らす世界だっていうのはなかなか示唆的だったと思う。
「健常者」がパニックを起こす世界でも、視力に頼らない(頼れない)人々にとっては、最初から最後まで何も世界は変わってないんだなと思うと、健常者の傲慢さみたいなのも感じる。
ただまぁやっぱり実際何が人を狂わせてたのかとかについてはもうちょっと伏線回収してくれても良かったんではないかみたいな気はする