バード・ボックスの作品情報・感想・評価

「バード・ボックス」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

5.0
ーーーを視ると、自殺する

ーーーは東欧から始まり、世界中に広がった。
謎の異変が次々と起こる中、生き残るためにできることは、、、。

ーーーに怯えながら、視界を奪われた世界で生き抜く中で、人はどのように変化していくのか。2時間ちょっとの映画だったが、息つく暇もなく臨場感フルスロットルな映画だった。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

自分なりの解釈

 視たら死ぬ。ここで、この映画のおもしろいところはただ死ぬだけではなくて、なにかに怯えたり悲しんだりした後に自ら死ぬための行動をとるというところにあると思う。
 現代社会の闇を知りながら、それを見ないようにして生きている今の人間を描写しているように捉えた。
 その闇の部分はあまりに深く、それを視てしまったら全てに失望し
て生きる意味を失ってしまう、そんな闇が現代社会にはあるのではないかと感じた。

ーーーの正体を最後まで明かさなかったため、観た人それぞれに想像の余地を与えてくれた。このもやもや感がとても良かった。
 サスペンススリラーとして観ても、2時間ずっと緊張感が続いて楽しめる映画だったのでとてもおすすめ。
 
にっけ

にっけの感想・評価

3.2
なかなかドキドキしました。
ただ…あれで終わり…?
分からない部分もいくつか残り、モヤモヤが残りました。
何かしらメッセージはありそうだけども…分からず。残念。

このレビューはネタバレを含みます

チキチキ絶対に〇〇してはいけないシリーズ、ドキドキ感ではハズレなしですね。

ネットフリックスで話題ですが、なるほど近年の映画はこういう作り方が流行りなんですかね。
悪くいうと低予算、よく言うとアイデア勝ち

登場人物の紹介はそこそこに、いち早くパニック展開があるところは、せっかちに優しい演出ですね。急ぎすぎてネタ詰まりになるかと思いきや、心の闇系の人たちの登場と主人公たちのキツめの死に方がなんとか2時間もたせてました。

どうしても似ているクワイエットプレイスと比較してしまうけれど、クリーチャーが出てないことでこちらの負けだろうというのは仕方ない。鳥必要ないからその分クリーチャーCGにすればいいのに、ディメンターみたいなので充分だから。

ていうかほんとに鳥必要あった?バードボックスという題名にしてるくらいだから何かしらの比喩だと思ったけど。閉じ込められて怖いとか?
たぶん何回か観ないとわからないような気がする。だれか教えてください。

ちょっと批判的になってしまったけど個人的には好きな部類の映画
観た人同士で捉え方を話し合うのが楽しそうですね。
そしてバードボックスごっこにつながって事故死という完璧な流れ。リアル呪いのビデオ
根本的な解決になってなくてむり...どっちにしろ最後には絶望じゃないですか...
細かいことはともかく、
久々に心臓えぐられた感じ。
サンドラと一緒についつい
ノーノーノーと画面に向かって
叫んでしまう一本です。
ATSUSHI

ATSUSHIの感想・評価

3.0
悪く言ってしまえば、毒にも薬にもならないといった印象。行き来する時系列の割に先が見えてるのはかなりマイナス。
しかし、最後になって旅の意味を理解できただけ、何だか嫌いにはなれない。

終末世界にありがちな利己的で虫酸な走るような奴をジョン・マルコヴィッチが演じると説得力がハンパない。
サラ・ポールソンはいつ見ても可愛いんだけど、劇中での死に方が一番リアルでショッキングだった
「クワイエットプレイス」が面白かったので、系統が似ている本作を観賞しました。
どうしてもクワイエットプレイスと比較してしまいますが、ちょっとドキドキ感が足りない印象でした。
アメリカで話題の目隠し運転シーンは興味津々で観ました。
絶対にやらないけどやってみたくなる気持ちも少し分かりました。
何か分からないものに追われる感じ、めちゃ怖かった。
しまの

しまのの感想・評価

3.9
面白かった。
でも最終的に解決はしてないからその辺が気になった。
現れた理由もわからないし。
続きがあるなら見たい。
>|