SAKAS

スノー・ロワイヤルのSAKASのレビュー・感想・評価

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)
-
リーアムニーソン先生出てると観たくなるんだよなあ

麻薬売買に息子が巻き込まれ亡くし復讐にかりでる。

これだけだとリーアム無双かと思いましたが意外に組織体組織の闘いの物語でした

芋づる式に抗争が肥大化していく

いちいち亡くなった者の名前をだしたりなんかタランティーノの好きの監督さんかな?と思わせる雰囲気で僕は好きでした

遺体処理のあのなんともシュールな破棄方法とか


ものすごい間抜けな最後の者もね、いたな。
お札テントね。。。笑笑


目には目をだとやっぱり亡くなる命って増えてく

最終的にはこの事件の顛末は収まるんだけどもリーアム先生の息子を亡くした1人の父親目線でいると虚しさ半端ない感じだ

復讐果たしたとて、、、ね。。。

その後の日常は寂しいじゃんね


なのでおのキッズと楽しそうなシーンはほっこりとしました。

それでもまた彼は渋く己の仕事に徹し雪道を正していってくれると信じている

あ、そうか
ロワイヤルだものな
そういう作品でございました