夏色ジーン

スノー・ロワイヤルの夏色ジーンのレビュー・感想・評価

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)
3.7
感想川柳「やられたら 模範市民も やり返す」

レンタル店でパッケージ借りでした。_φ(゚Д゚ )

雪深い静かな田舎町キーホー。この町で除雪作業員をしているネルズ・コックスマンは模範市民賞を受賞するほど真面目に穏やかな日々を送っていた。しかし、ネルズの1人息子が麻薬の過剰摂取に偽装され、殺されてしまったことから事態は一変する。地元の麻薬王バイキングの組織に息子が殺されたことに気づいたネルズは、素手や銃、さらには除雪車で、組織の人間を1人また1人と殺していく…というお話。



ノルウェーの「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」のリメイクだそうで( ゚A゚ )怒りの除雪車って(笑)


またまたリーアム・ニーソンが復讐するオヤジを熱演します(^_^;)))

しかも今回はただの除雪作業員なのに、下っぱとはいえギャングの売人をボッコボコにしちゃいます。( ・`д・´)

実はネルズのお兄さんは復讐するとこの元ギャングだったり、人間関係の絡みもなかなか考えられてて、シリアスな中にも噛み合わないアンジャッシュのコントみたいな展開。(* ゚∀゚)

まさか除雪作業員が売人を殺害するとは思わないでしょうね(^_^;)))


人が死ぬごとにチーンと名前が出てきたり、ところどころコメディ要素が散りばめられてます。( ゚∀゚)バイキングの部下もホワイトブルの部下もどこか抜けてて、あーこいつ絶対殺されるなというのが丸分かり。

警察も関わるかと思ってたのに完全に傍観者( ゚A゚ )


ラストなんかデッドプール思い出しちゃいました(笑)

あのタイ人の奥さん見てると「愛とは?」(´Д`)と思いますなぁ。

バイキングの息子は全く血の繋がりを感じない良い子だなよな~(((((゜゜;)賢いし。

でもなんだかんだ復讐の空しさを感じる不思議。(ФωФ)

んでまず( ´∀`)/~~