スノー・ロワイヤルの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「スノー・ロワイヤル」に投稿された感想・評価

tom

tomの感想・評価

3.8
some cause happiness wherever they go. others whenever they go.
oscar wilde
ラマ

ラマの感想・評価

3.8
これは、、予告のイメージとは全く違かった。。ポスターだと車が木の上に刺さってるが、、、、
映画だと、、んーー違うような、、


息子を殺された父親がとにかく暴れ狂う96時間的な話かと思ってたら意外とコメディ要素もありました。
登場人物の設定や発言、行動など変な人ばかりで、ブラックコメディ詰め合わせって感じです。

最後の最後も
ブラックな終わり方でした。。

正直ハチャメチャに狂って狂って狂って狂って機械使って狂って暴れて欲しかったが結果良かったかなーー。
まさに3.5点!
これぞ、3.5点!

麻薬チームもっとがんばらなきゃ!
けど、いい。
はしゃいでるインディアンにほっこり。

面白かった。
Fumiko

Fumikoの感想・評価

3.5
グランドブタペストホテルみたいなテンポで人が死んでいく笑
なんともシュールで笑うとこ多々あり
無双除雪作業員!

除雪作業員ネルズの息子が麻薬からみで間違って殺されちゃったから…さあ、大変!

ネルズは普通の除雪作業員じゃない。
何故って奴はリーアム・ニーソン。

雪国で除雪車に勝てる兵器なし!
極寒の地でブチギレたリーアム・ニーソンが最強の兵器〝除雪車〃に乗ってギャングの一味を全員除雪しようってんだから、まさに鬼に金棒…ニーソンにロータリー🚜


クリスマスイブでもないのに、雨が夜更け過ぎに雪へと変わった…明朝は、一面銀世界になるだろう!

越後の雪道を昼夜除雪してくれている作業員の皆様に敬意を表し、この映画を贈ります⛄️🚜
Shuu

Shuuの感想・評価

2.5
< ブルーレイ・字幕 >
リーアム・ニーソンやりすぎ!
誤解が誤解を生み、最終的にはごちゃごちゃするという、なんとも説明が難しい感じ。特に、ラストの終わり方は作品のクオリティを強調するかたちになりましたね。結論、バイキングよりインディアン(先住民)の方が好き(笑)
ゆうや

ゆうやの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

タランティーノのが96時間を撮るとこうなる。とか書いてあって期待したけどそこまで、ね
オリジナルもあるんやなー
誰かが死ぬたび名前出るのはおもしろい
お札のテントに穴空けられたんは気の毒やわ
コックスマン兄が1番かっこいいんじゃないか?
除雪機のカタログ読み聞かせるって最高か?あの子供がいちばん子供っぽく見えたのが誘拐犯と一緒におるときって
重機で木切ってズドンはなんか笑った良い
ラストはインディアンのボスもいらんし飛んでたやつ巻き込んで殺すのもいらんかったやろ(笑)つかまだ飛んでたんかい
普通にいつも通り仕事して終われば良かったやん?
ラストあれやったからか?なんかおもろかってんけどそんなもんかって感じ
2019年129本目

リーアム・ニーソン氏が好きなので、とりあえず鑑賞してみましたが、無意識に期待していた「96時間」や「アンノウン」とは少し違った作品でした。
とりあえず復讐として暴れるには暴れるのですが、無敵過ぎない暴れ方とでも言いましょうか。

物語のキーアイテムでもある「除雪車」ですが、それほど推してはいないので、実際に見たことが無くても鑑賞には支障ないと思います。
「いくらなんでも、それはちょっと・・・。」なんて突っ込みどころもありますが、同氏の暴れる作品では野暮なのかもしれません。
最後はスッキリしますので、作品としては纏まっているのだと思います。

グロテスクな描写はありませんが人が死にまくる作品なので、幼い子供と鑑賞するなら、そのあたり注意が必要かもしれません。
父の復讐が、たくさんの人を巻き込んで巻き込んで、、
内容は暗いし映像は雪景色ばかりで空虚さがすごいけど、話はテンポよく進むから飽きずにみれた
わむ

わむの感想・評価

-
この邦題めちゃくちゃバカ映画っぽいけどそういうわけではなかった

次から次へと出てきてジョン・ウィックかよってなった。

串刺しツリー🌲🌲🌲🌲❄️