マチャアキ

108~海馬五郎の復讐と冒険~のマチャアキのレビュー・感想・評価

2.9
脚本、監督、出演の松尾スズキ氏。最後まで観るには勇気がいるド変態Maxの世界。これを世に放ってしまった責任は大きい。ただのエロスでは済まない、全編松尾氏の脳内ヘンタイ液にどっぷり浸からされること必至🤤こんな作品を作ってしまった松尾氏の許しを乞う気持ちがタイトルに現れているのだろうかー。無駄な場面も多々あり、決してスマートとはいえない本作。何かズレた欠陥人間ともとれる主人公とオーバーラップして、笑いの中にも悲哀のようなものを感じさせられた。2019年が去ろうとする今、松尾氏がこのタイトルで懺悔しているようにも思えるが、決して🌃除夜の鐘とともに浄化なんてさせてはならない。しっかりと両眼に脳裏に刻み、左傾の枠をもぶっ壊しそうなこのド変態作を忘れてはならない。