FutosiSaito

108~海馬五郎の復讐と冒険~のFutosiSaitoのレビュー・感想・評価

3.6
 男の妄想、いくつになってもエッチのことしか考えていないし、自分のことは棚に上げて、浮気を気にするという習性をストレートに描けた作品だ。
 しかも主人公は作家で演劇人という松尾スズキ本人のような人物だ。
 妻への復讐のためとはいえ、女体の海(さすがにボカシだらけ)とか女だけの島とか、中二のような発想をそのまま映画化する監督には頭が下がる。また、これを商業映画として成立させたことにも。
 そして、中山美穂。脚本の要求はすべてのんだというあたりに根性を見た。喘ぐシーンとか、あんなシーンとかよくやるもんだ。
 同じ監督の『ジヌよさらば』での松たかこを超えたな。
 コメディであり、ペーソスであり、考えさせられるところもある。
 松尾スズキは凄いなあ。世間に「ウケない」と卑下しなくても、こんな面白い年齢制限付きの映画が撮れるのだから。