ゆきえちゃん

108~海馬五郎の復讐と冒険~のゆきえちゃんのレビュー・感想・評価

-
私は目を閉じ…かの有名なリンカーンのゲティスバーグ演説を思い出した…「人民の、人民による、人民のための…」いや、ちがう。これは…「松尾スズキの、松尾スズキによる、松尾スズキのための映画」ッ!

これを見るなら、それなりにストーリーのあるAVを見た方が良いのではなかろうか。
①しょっぱなから予想できる展開!
②とりあえず出す裸体!
③投げっぱなしのオチ!
レンタルでよかった。懐の傷は浅い。

【よかった点】
・重なる裸体のシーン
→重なる裸体が醸す芸術性。人が人でなくて記号に見える…一歩手前。性器や見えると、それがモザイクであっても、性と俗を感じさせちゃうので、あくまでも一歩手前。