ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへの作品情報・感想・評価・動画配信

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ2018年製作の映画)

地球最后的夜晚/UN GRAND VOYAGE VERS LA NUIT/Long Day's Journey into Night

上映日:2020年02月28日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」に投稿された感想・評価

前半はウォン・カーウァイやディアオ・イーナンを彷彿とさせる、妖しげなネオンが夜闇に溶ける夢幻世界がひたすらにカッコいい。構図、間合い、台詞も洒落てて雰囲気じゅうぶん。
しかし後半からはうってかわって3D擬似ワンカット。
この急変が評価されているのかもしれないが、個人的には薄暗い映像と暖かいオレンジの灯りのなか、主人公の後ろ姿をずっと追いかけるカメラワークが完全にプレステ4のゲーム然としていてちょっと可笑しくなってしまい、前半で醸成したムードが霧散してしまった。
まあ、この感想も劇場で3Dメガネをかけて観ていたら違っていたのかもしれないけれども。
ア

アの感想・評価

4.5
ずれながらもハマっていくメビウスの輪のようなループ
難解だが心地よい
M

Mの感想・評価

2.5
2021-36
Toshiking

Toshikingの感想・評価

3.7
むずかしかった

タイトルが映画の中盤に出てからの圧倒的ワンショット、これがロングデージャーニーイントゥーナイトか

撮影が美しい、凄い
Jun

Junの感想・評価

3.6
夢と現実の間を彷徨ってる
私には会いませんでした。
凱里ブルース の方がわかりやすかったです😅
凱里ブルースをほんまにデラックスにしただけという。先鋭という程でもないが、こういうことを見せ物的にやるバランス感覚はいい。1時間ほんまに切らずに回していたらそりゃあすごいに決まっているのだが、馬の暴れ方とかが怪しいし、仮に分からないように繋いでたとしてもわざわざ腐すようなもの好きなどいやしない。つまりどっちでもいいのだが、フォーマル全開な割に台詞がやけに多いのだけ気になる。
やっぱりこの人の映画は夢の中みたい
ふわふわと不条理が一緒になって曖昧になってく
夢と記憶の狭間で

自分の好きなモチーフがよく分かってる監督の作品、大好きです
これまた鬼のカメラワークに、私の大好きな感じの音楽…
酔いしれました
パンフレット読むの楽しみ
>|