にっきい

ヨコクソンのにっきいのレビュー・感想・評価

ヨコクソン(2018年製作の映画)
2.2
耳にホクロ有るの色っぽい。

ネットで新作の公開予定見ててホラーだから観に行こうと思った作品。
内容は知りませんでした。

悪鬼の住む家って話し。
これは1986年に公開された同名作のリメイクらしいですが、オリジナルは全く知りませんでした。
なのでオリジナルはどうだか知りませんが今作は『呪怨』の流れを汲んでるように感じました。
かなり序盤から幽霊出まくり。
ただし単に怖がらすだけではなく、李氏朝鮮(韓国王朝)を舞台にした"誰が後継を産むか?"と言う女性たちの権力争いをメインに描かれてました。
日本でも昔はそうだったけど、女性は子供を産むための道具的な扱い。
好きな相手ではなくても権力者の世継ぎを産めば自分ものし上がれるから幸せなの?
ストーリーは娼婦がある権力者の子供を身籠る。
女は正妻の地位を手に入れようとするが身分が低いのを理由に拷問によって殺されてしまう。
それによって女に呪われたその家は次々と世継ぎが死んでいくのだが…、って話し。
上2人は始まった時点で死んでる模様。
残った三男?が寺から宝剣を奪い悪鬼に対抗するつもりが、身分の低い側室との初夜の日に悪鬼に殺されるんです。
そして1発で妊娠、権力争いへ…、って、寺から持ってきた宝剣は?
怖い幻覚見るようになったから有名な霊媒師的な人を連れてくるんだけど、屋敷に着いた途端に悪鬼の毒気にやられて黒いゲロを盛大に吐く。
こいつホンマに強いのか?
霊媒師の助手のお姉さん、美人ぽかったけど悪鬼慰める儀式中に死亡。
セリフも無く断末魔の叫びだけって勿体ない。
その後も妊娠した若奥様に逃げろとアドバイスするだけで霊媒師ほぼ活躍なし。
一方若奥様は世継ぎを産んでのし上がる野望の為に性格変わったのか絶対出ていかないと言う。
ずっとそれの繰り返し。
合間にお化けが出てきてビビらせてくれるけど。
ラストの10年後とかもあんまり意味分からないまま。
退屈で気を抜いたら即寝落ちしちゃう映画でした。

今朝の1曲
浜田麻里『Paradox』
6thアルバム辺りから徐々にヘヴィメタル色が薄れていき、ソウルオリンピックのNHKテーマソング『Heart and Soul』と、それに続く『Return to Myself』がCMソングに使われ大ヒットし、すっかり人気アーティストになった彼女の11thアルバムからのシングルが
この曲(https://m.youtube.com/watch?v=Yda1Kg9KhHs)。
この曲は好きだけどアルバム全体としてヘヴィメタルらしさがほぼ無くなってしまい、追いかけるのをやめてしまいました。
この後さらに歌謡曲寄りになったりロックに戻ったり、私生活では伴侶の樋口宗孝を亡くし、高崎晃と再婚したりしながら23枚のアルバムを発表し今も現役で歌われてます。




*********鑑賞記録*********
鑑賞日:2021年8月16日
鑑賞回:15:35〜17:35
劇場名:シネマート心斎橋
座席情報:シネマ2 J-2
上映方式:2D 字幕
レーティング:G
上映時間:95分
備考:メンズデー
**********************

NEXT▶︎▶︎▶︎『ホテルレイク』