ジーハ

ザ・ピーナッツバター・ファルコンのジーハのネタバレレビュー・内容・結末

3.4

このレビューはネタバレを含みます

休みの朝に観てよかったなぁ。。
梅雨のじめじめがちょっと吹っ飛んだ。

心にジンと響いた言葉。

「 友達は自分で選べる家族 」


大好きだった兄を亡くして孤独な日々
を送る漁師のタイラーは、仲間の獲物
を盗んだことがばれ、ボートで逃亡。

ダウン症で社会から隔離された
養護施設で育ったザックは、
夢だったプロレスラーの養成学校に
入るため施設を脱走。

そんなザックを捜すためにやってきた
施設の看護師エレノアは夫と死別した
辛い過去を持っている。

そして最初はバラバラだった3人が
時間を共有しながら気持ちが溶け合い
ザックの夢を叶えるために冒険の旅を
続けていく。


「 ボクは捨てられたから要らない人。
     だからボクは悪者    」

ボクは普通の22歳じゃないから?
彼なりの解釈でザックはめちゃくちゃ
傷ついてるじゃないか…


「  僕の誕生日の願い事は
   みんな君にあげるね。  」

言い換えれば、
僕はいいから君が幸せになってね、
ですよね。。なんて優しいんだろ…
でもこの計算のないザックの優しさに
2人は勇気と力をもらってた。


あと脇役のお年寄りたち!(笑)

・雑貨屋のおじいさん
・盲目の黒人のおじいさん
(牧師さんだったのかな?)
・老いた元スタープロレスラー
…まだ老人ではないか笑

みんな出番は多くないけど
ストーリーの良い感じの繋ぎになっ
ていてとても印象的でよかった。


最後はドキドキしましたよ…。

最悪な結末を想像しながら
覚悟して観てた、、

でも

車にから見えた「FLOLIDA」の文字。
ザック、テイラー、エレノアの笑顔。

3人の明るい未来を信じたい。