ぼとる

ザ・ピーナッツバター・ファルコンのぼとるのレビュー・感想・評価

4.8
「人間の善悪は魂で決まる。そこにダウン症は関係ない。お前は善玉、ヒーローだ。」

プロレスラーを夢見て、施設から脱走したダウン症のザックは、道中で不法者の漁師・タイラーと出逢う。タイラーはザックの憧れのプロレスラーが務めているプロレス養成学校にザックを連れていくことを約束し、旅へと出かける……

今作どの場面切り取っても画になるところが多いし、ワンシーン、ワンシーンがグッときた。風景画がほんと爽快で。こんなに船と海が逆光して画面が美しく見える映画初めてだったかも。そして、シーンを優しく包み込むようなカントリーミュージックが突き刺さる。

タイラーとザックがお互いに信頼し合って支え合い、「友達」から「家族」になっていく流れが最高にテンポ良くて……

しかし本作、夢を追いかけることを描き続けることからザックが現実に向き合う場面というところが些か足りない面もあるかも知れない。どちらかと言えばザックよりタイラーの方に現実がぶち当たるところが回収されているので、そこがまた個人的に良かったかも。夢を追いかけ続けていくような物語が1番しっくりくるよ、やっぱり。