ゆういち

ザ・ピーナッツバター・ファルコンのゆういちのレビュー・感想・評価

3.9
『僕の誕生日の願い事、全部君にあげるよ』 『友人は自分で選ぶことができる家族だ』

ここ最近でもかなり自分的ヒット。
凄く好み。
障害者と孤独な男が寄り添うロードムービー。
逃避行から夢の実現を目指す流れとしてはありがちな展開なんだけど凄くあたたかくて優しいストーリー。
旅の中、広大な自然の映像が素晴らしい。
近代文明から離れて大自然で過ごす2人は障害者でも逃亡者でもなくなって、ただただやりとりが優しくて純粋な心が描かれてて凄く感動した。
亡くした兄を思いながら川下りで寄り添う姿は涙しかない。
シャイアラブーフ演技うますぎ。
ロードムービーの醍醐味の一つである出会いも全部優しくてまぁちょっと出来過ぎだけどハッピーだから良き。
とってもホッコリ。
あ〜僕の誕生日の願い事全部君にあげるって言ってみて〜。 エンディングの曲も凄く映画にマッチしてたからちょっと↓載せとく。
気になる人は探して聞いてみて、…いや、映画観て!

RUNNING FOR SO LONG(HOUSE A HOME)

ああ神様 これ以上 持てません
僕らは暗闇を抜け ここまで やって来た
長い夜が明けて 分かってきたんだ
僕は皆が言うほど 壊れていないと
きっと ここが僕の家
ずっと 逃げ続けてきたけど
君に会って 離れられなくなって
僕に家ができた
きっと ここが僕の家