xyuchanx

ザ・ピーナッツバター・ファルコンのxyuchanxのレビュー・感想・評価

4.1
ぜひ有料で観てあげて欲しい作品。Amazon Primeにて。

アメリカ南部の北部、ノースカロライナ。老人養護施設で暮らしていたダウン症のザックはある日、憧れのプロレスラー、ソルトウォーター・レッドネック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)に会うため施設を脱走。兄の死から立ち直れず自暴自棄な行動を繰り返し追われている漁師タイラー(シャイア・ラブーフ、味でてきたな)と出会い、追われるもの同士の逃避行を描く冒険譚。なぜか施設から追ってきた看護師エレノア(ダコタ・ジョンソン、やっぱりいい女優)も合流し、筏での旅が続く。

変なタイトルのわけは観てのお楽しみ。
「Meet Joe Black」が好きなら気になるよね。

“君は善玉だ”
“盲目のジャスパーの洗礼”
“Family First”
“僕の誕生日のお願いはぜんぶ君にあげるよ”
“ルールno.1は?“ ”パーティ!”

「Manchester by the sea」同様、最愛の家族の死から立ち直れないでいた男が、護るべき家族を得て成長していく姿が清々しい。珍しい地形のアウターバンクの風景もなかなか美しかった。


さて、我が調査員が調べてきてくれた監督2人のバックストーリーが面白い。

かつてタイラーはブラピやベッカムのハンドモデル、マイクはエディターの仕事をしていたが食うに困り、森でテントで暮らしていたが、ジョシュ・ブローリンへのDMから、彼のサポートを得ることに成功し全てがはじまったのだそうな。

監督2人はボランティアで、俳優になるのが夢だったザックと出会い、彼にせがまれこの脚本を書き、資金難にホームレスまでして撮りきったのだそう。

シャイア・ラブーフは撮影中に酒呑んで暴れ、差別発言したのをメディアにすっぱ抜かれたのだそうだが、川を渡るシーンの撮影時にその事をザックに叱られ、それ以降、酒をやめたらしい。

また、リアリティを追求するためシャイアが本当に兄貴と慕う俳優ジョン・バーンサルに出演を依頼したのだそう。

見るからに良さげな匂いがしてたけど期待通りの良い映画だったな😁

“友達ってのは自分で選べる家族だ”