いなか

ザ・ピーナッツバター・ファルコンのいなかのレビュー・感想・評価

4.0
笑えて、泣けて、心に残る最高の映画だった。
誰にでも平等に接するタイラー、夢に向かってまっすぐなザック。最高のバディムービー。
エレノア役のダコタ・ジョンソンの役所もよかった。
作品全体の雰囲気も優しく癒される。