ザ・ピーナッツバター・ファルコンの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」に投稿された感想・評価

X

Xの感想・評価

5.0
チョコレートドーナツと合わせて見たい。ただしチョコレートからのピーナッツバターにすること。絶対に、順番を間違えてはいけない。
aikido

aikidoの感想・評価

4.0
ダウン症の青年ザックがタイラーと出会い、彼と触れ合うことでやりたいことや本当の友情を見つけていく過程が非情に丁寧に描かれていて見応えがありました。
また、病気だから諦めたり、自分よりも下に見たり、自分でも気付かずに差別したりしているけれど、タイラーは常に対等な扱いをして特別扱いをせずに彼と真剣に向き合っていてその姿勢に感動しました。

コンパクトな上映時間なのでヒューマンドラマとしては時間が足りないんじゃないかなと思っていたのですが、限られた時間を有効に使いドラマ部分も丁寧に描写されていてかつ観易いので凄い映画だなと感じました。

チョコレートドーナツにも通じる映画で良質なヒューマンドラマでした。
傷を持った3人の旅。

ザックの方が先に歩くシーンが良い。
プライベートでは
シャイアを諭しているようで…
素敵な関係だね。
wowow ロードムービー+友情
 もう一度見るべき❗
中庭

中庭の感想・評価

2.1
シャイア・ラブーフとダウン症の青年のスレた友情関係が、異性をほぼ介在することなく、生活に蔓延る数多の階級、境界を尻目に育まれ、フィクションを飛び越えるプロレスシーンへ飛び込んでいく。
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.8
友達というのは 選んでもらうのではなく 選びに行くもの。何かしらのハンデがあっても 安全で管理された敷地内にいるより 外に出て 人生を楽しむべき。
NABE

NABEの感想・評価

3.8
ダウン症だって甘やかさない、誰だって夢を目指せるんだってスタンスが良い。筏の上でザックがタイラーを慰めるシーンにグッと来た。色々と素行が問題視されるシャイア・ラブーフがこんな良い映画に出て、彼自身が更生される事を望むばかり。
Annie

Annieの感想・評価

3.5
期待以上ではないものの、良作。
日常が脅かされても、じっとせず
冒険に満ち溢れる人生でありたい。
そうは言っても難しいからこそ
ザックとタイラーが眩しいね。
ブルースダーンの存在感なかなか。
highbury

highburyの感想・評価

4.0
【暖かさ満点のロードムービー】

プロレスラーにあこがれるダウン症のザックと他界した兄の影を引きずる漁師のタイラー、そしてザックを追ってきた看護師のエレノア。3人の心温まるロードムービーです。

登場人物にはほぼ悪人がおらず、(売店のおじさんも含めて)皆素敵なキャラばかりでほっこりとしますし、ザックとタイラーの大冒険は観ていて羨ましく思えました。

またちょいちょい心に残る言葉が飛び出す本作。
『コーチはクソ野郎だ』の件も良かったですが、やっぱり一番は『友達ってのは自分で選べる家族だ』ですよね。

純粋なザックに影響されタイラー、エレノアがどう変わっていくかを期待していましたが、さほど変化は見られず。
終盤、タイラーが語る未来への展望もどこか夢物語でしたし、結局タイラーとエレノアは何をどうしたのかがはっきりしないのでモヤッとしたまま終わってしましました。

現実的な話しを省かず上手く着地させれば★4つは堅かったのに残念。
でもこの作品、ザック役のザック・ゴットセイゲンが『映画スターになりたい!』と熱望してできた作品だそうで・・・。
ザックのために皆が頑張ったかと思うと・・・やっぱり★4つだな。


ザ・ピーナッツバター・ファルコンってリングネームが良いよね。
出会って、旅して絆がうまれ友達という選べる家族になっていくお話し。
海や浜辺の景色がとても美しく、冒険感を強くしている。
相手の過去など気にする事もなく仲良くなり自分らしく過ごす2人に青春っぽさを強く感じました。

きっとたまに見たくなる映画。