ザ・ピーナッツバター・ファルコンの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」に投稿された感想・評価

タイトルの通り、甘いようで切り込む鋭さもしっかりとある。
メインは友情を軸に描いたロードムービー。

ご都合主義で理想的過ぎる展開もやや多いが締めるところはきちんと締める、そんな姿勢には好感度高し。
とにかく主要キャスト陣が皆素晴らしく、わずかな回想シーンにしか登場しないジョン・バーサルも相変わらずいい仕事します。

この撮影中にまた事件を起こした悪童シャイア・ラブーフは、相棒のザック・ゴッツァーゲンにしっかりと諭されたらしいので今後に期待。
とにかく才能溢れる俳優なのだから、ダウニーJr.の様に不死鳥の様に羽ばたくのが使命では。
主人公の演技と、その純粋さに徐々に心動かされ協力しようとするプロセスが良かった。
何かしら心に傷を持つもの同士の大切な場所の中心に主人公がいる感じ。
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

3.8
自分にとっての希望を見つけて、それを糧に生きるのもあり。それを見つけさせてくれるのは案外近くにいる人なのかも。
映像も音楽もストーリーもいい。

障害があるからって、色々できないと決め付けて過保護に扱うことが決して正しい訳じゃない

彼にだって夢がある。
友達だってできた

閉じた世界で生き続けるよりも自分の夢を追いかけて飛び出した勇気は強い証拠

様々な場面で暖かく協力してくれる人達と
本当に楽しそうな彼らの旅を見ていると胸が熱くなりました。
友達っていうのは自分で選べる最強の家族
って言葉、素敵で忘れたくないからメモ!

この映画の登場人物達は、自分にとって形に残る利益がなくても、人のために行動できる人達なのがすごいな。
1人でフロリダに向かった方が楽なのに、ザックと一緒に向かう決断をしたタイラーは素敵な人だ。今の世の中、こういう行動が取れる人ってそうそういないと思う。


ザックは自分の夢を追って行動した結果、見たことのない景色が見れたり、色々な人と出会えたりと、行動することの大切さを教えてくれたなあ。見習いたい。
ていうか、ザック役の人、ザックさんなのね!(?)
ダウン症のザックが「映画スターになりたい」という夢を叶えるべくスタートした企画らしくて震えてる…。すごい、。。それも含めていい映画だなあ。

いや本当に、人として大切な要素が詰まってる映画だった。
現実味無いだとか、予定調和だとか、そういう話もちらほらあるけど、この映画が見せたいものはリアルなストーリーじゃないと思うんだ!!
映画を通して感じることは人それぞれだけど、ね!!とりあえず良いので見てくれ!! 
面白かった。ロードムービー。
面白かっただけにラストあっけなかったというか。
物理的にゴールしたけど内的なものはどうなったのかな。
でも面白かった。
友達は自分で選べる家族って良いね。
紫陽花

紫陽花の感想・評価

3.7
エレノアとタイラーが初めて出会ったときに連絡先を聞こうとして教えないエレノアに対し、「見つけたら叫んで知らせろと?」「そうして」っていう会話が好きだったw
ザックはとにかくどこまでもまっすぐ。
ロードムービーはわりと好きでも嫌いでもないので、まぁ普通でしたw
かに

かにの感想・評価

4.0
「友達は自分で選ぶことのできる家族だ」
家族に捨てられたザック
家族を自らの過失で失った過去を持つタイラー
2人が新しい「友達」という名の家族を見つける物語

画面が優しい映画だった
筏のシーンがきれい
かん

かんの感想・評価

4.2
音楽も物語もそこに生きる人たちも、
すべてが暖かく嘘がなくて…久しぶりに良い映画体験だったな〜
げろ

げろの感想・評価

3.5
これが終わったらどうするの?

っていうセリフが重かった

私やったら後先考えて行動できない

誰しも飛び出し旅をしたいし挑戦したい
無謀な事にも飛び込みたい

放火はダメやけど