まっつー

ディープ・ブルーのまっつーのレビュー・感想・評価

ディープ・ブルー(1999年製作の映画)
4.0
DNA操作されたサメの脅威を描いたパニック作品。

面白かったです。サメ映画でも最高峰の作品ではないでしょうか。
まず研究施設内という限られた空間の設定が良いですね。より緊張感が増しますし、脱出するシーンも見応えあります。

そして個人的に推したいのが、コック役に扮するLL・クール・Jである。彼は脇役ながら、主役級の活躍をし、『コックがレンジ死ぬなんて‥』等の名言を残しています!

一昔前は地上波で何回も放送してましたし、観てる方も多いと思います。未見の方はぜひ!!