singer

ブルーアワーにぶっ飛ばすのsingerのレビュー・感想・評価

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)
2.9
まぁなんというか、これを上手くタイトルと絡めて言うと、
夏帆とジム・ウンギョンにぶっ飛ばされるという、そんな作品でしたね。

もう、二人の芝居の間の取り方、テンポ、台詞回しがとても良い。
なんか、演技合戦とかそういう物以上に、二人で確立されている世界があって、
その中で二人とも役柄に、ドップリと心も身体も入り込んじゃってる。
だからこそ、夏帆とシム・ウンギョンなのに、砂田と清浦の輪郭がしっかりと見えて、二人とも流石だなぁと思わされました。
なので、やっぱりこの二人の演技には、見る価値がありましたね。

夏帆。
自分は「天然コケッコー」で初めて観たとき、本当に瑞々しく純粋無垢を絵に描いたような少女だった彼女を見て、
そのイメージのまま成長してくのを楽しみにしていたんですが、
今の彼女には、その楽しみを鮮やかに裏切られた感じです。
まさか、ここまで深みのある演技が出来る女優さんになるとは、当時は思ってもみなかったんで、本当に成長したなぁと噛みしめるように感じてしまいました。
序盤のカラオケを歌うシーンなんか、鬼気迫るものがあったし、
いやはや、とても素敵な女優さんになったなぁと、感慨深く。

シム・ウンギョン。
やっぱり劇場で観た「新聞記者」の魂の入った演技も圧巻でしたが、
この作品で見せる、自由で天真爛漫な清浦の演技も、なかなかの物だったので、
本当にしっかりとした実力のある女優さんなんだなぁと改めて感じました。

後、自分は1日の始まりと終わりに一瞬だけ訪れる、“ブルーアワー” は、好きなようで、嫌い。
その時間の雰囲気や空気感は、凄く心地良くて好きなんですが、
1日の終わりを堪らなく感じさせられるので、その寂しさは嫌いという。
そんなブルーアワーに込められた、悲喜交々を描いた作品でした。