janrobot21

国家が破産する日のjanrobot21のレビュー・感想・評価

国家が破産する日(2018年製作の映画)
3.8
韓国の通貨危機を描いた作品。

庶民、官僚、危機に乗じて儲けようとする奴らのそれぞれの視点から分かりやすく、なぜ通貨危機が起こったかからIMFによる非情な対策までを丁寧に描いてます。

こういう金融映画。日本じゃ到底作られないから悲しくなってくる。客が入らないんでしょうね。
日本でバブルがなぜ起こったかを描いた作品とかなぜないのか!?
アメリカだって、サブプライムローンを描いた作品はあるのに。
日本では、こういう社会派作品なかなか作られないのが悲しいところ。
Netflixにでも作って欲しい。

韓国のエンタメの幅広さを観せられました。

後記
調べたら、金融腐食列島がありましたね。