netwalker

国家が破産する日のnetwalkerのレビュー・感想・評価

国家が破産する日(2018年製作の映画)
5.0
【ガチの経済サスペンス】

ファーストシーンはモルガン・スタンレー。
数字で為替、外貨準備高が表示されながら進んでいく。
政府、官僚、中央銀行、民間金融、町工場。

興味深いのはリーマンショック同様、現場の声から経済危機を予測する金融マン。
危機を隠蔽する政府、危機を知らずに乗っかる町工場、危機を予測する金融マンの3者を、並列で映すガチ感。
悪のアメリカが背後にいる国際機関の怪しさ。

キム・ヘスの演技も見事。韓国映画にしては音楽もまとも。