岡田拓朗

ホテル・ムンバイの岡田拓朗のレビュー・感想・評価

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)
4.1
ホテル・ムンバイ

彼らは<信念>だけで、銃に立ち向かった。

GAGAのオンライン試写にて鑑賞。

2008年に起きたムンバイ同時多発テロのタージマハルホテルに閉じ込められた宿泊客と彼らを救おうとしたホテルマンをリアリティある形で描いている作品。

この類い稀なとてつもない信念はどこからどうやって生まれて育まれていくのか。
あんな危機的状況でも、あくまで他者のために動いていくことができる各々が物凄かった!

騙されて悪のテロ組織に操られる若者は見ていて切なかったしやるせなかった。
彼らは人を殺したかったわけじゃなく、家族のために戦っていたのだ。
あたかもそれが正しいものとして自分の中で洗脳していきながら。

この世の不条理はまさに発展途上国にあるというのが、ドキュメンタリー風のリアリティある映像で映し出されるからそれだけで説得力が半端じゃない。

彼らを責めることだけが正しいとは言えない。
テロを軸に色んな側面から「世界、社会、組織」を今一度考えさせられる作品であった。

簡単にテロリストは全員悪者である答えに落とし込まない展開に身震いした。
テロリストが一人、家族に電話してるシーンが個人的には一番泣けたシーンだった。