キナ

星に願いをのキナのレビュー・感想・評価

星に願いを(2019年製作の映画)
2.8
こちら山道につき、悪意にご注意。
時系列も関係性もバラバラ、ごちゃ混ぜカオスからのだんだん整理整頓され見えてくるもの、からのまたカオスな殺戮。

親に捨てられお手本のように転がり堕ちて生きるイブと、家出してイブの元に転がり込み生きて死んで生きて死ぬキミ。
二人を軸に、すれ違いと交差を繰り返す人々の模様を描いた作品。
常にムスッとした顔で「人生終わりました」みたいな態度のイブが、キミとの会話でふと笑顔になる瞬間がたまらなく可愛かった。

抽象的でどこかファンタジックな描き方のわりに、芯がしっかりしていて細かいところもきちんと作り込まれている構成や見せ方が印象亭。
これから何が起こるのか予想できない展開は興味深かったし、グチャッとしていた物語同士が絡み合っていく様子にはキュンとした。

ただ、劇中で鳴り続ける音楽がことごとく好みに合わなかったことが残念でならない。
コラージュみたいな作風に乗りきれず、十分に楽しむことはできなかった。
音楽にハマれればこの映画にもっときちんと浸かれてトリップできたのかもしれない。

結局のところ何だったんだ…という虚無感はありつつ、一番収まってほしいところに収まるラストが好き。
食肉加工のシーンは本物だつたのかな。だとしたら嬉しいな。