くう

小さな池 1950年・ノグンリ虐殺事件のくうのレビュー・感想・評価

3.9
1950年。朝鮮戦争中、韓国・忠清北道の老斤里で、300人余りの民間人(子供や年寄り含む)が米軍によって大量虐殺された。


この映画はその老斤里虐殺事件を完全に住民目線から描いた作品。

住民目線なので観客の心も彼らと共に動く。


初めは里ごと家族のような仲の良い人々の生活が描かれ、突然、日本語で避難勧告され、わけも(言葉も)分からず米軍を信用して避難していたら攻撃される……という……ネタバレも何も、それがこの作品の全て。

事件の概要はサラッとテロップで語られるが、本当にドキュメントのように飾りが無いのである。

仕方ないな。と思う。これが、あの日のあの人たちの現実だったのだろう。どんなに怖かったか。目の前で自分より先に子供が殺される怒りはどれほどのものだったか。


ただ、こんなことは二度とあってはならないと心に刻むだけ。


当時、勢いのあった北朝鮮軍に対し、米軍と韓国軍は敗走中。戦闘地域にあった老斤里には北朝鮮兵が潜んで攻撃してくると思われていた。というのが事件の切っ掛け。

アメリカも韓国もこの事件を長い間隠蔽し、近年になってやっとマル秘扱いだった資料を解禁。「戦闘地域を移動するすべての民間人を敵とみなし発砲せよ」との当時の命令の事実が明らかになったという。


つい先日配信で鑑賞してUPした『チスル』は、この映画の配信を探している時に見つけて、先に観た作品。この時期、この戦争の影で多くの民間人が殺害され、事実を隠蔽されている。


戦中、パルチザンを疑われて民間人が大量虐殺される例は世界中にあるが、なぜどこから見てもヨボヨボの老人から赤ちゃんまで手に掛けるのか。

アカと決めたら部落ごとアカであり、全て薙ぎ払わなければ気が済まない人間の残酷さ。


実際に手を下す下層兵はPTSDに長く苦しむことも多いという。この作品の米兵の描き方は、そういう人たちにも配慮したのかもしれない。


空をゆったりと泳ぐ黒いクジラが人々の魂を運ぶ雲のようで……。