aaaaa

ナイト・オブ・シャドー 魔法拳のaaaaaのレビュー・感想・評価

3.8
ジャッキー・チェン主演最新作!遂に日本上陸!!! 雪混じりの悪天候の中、遂に鑑賞して参りました!
今回はSFファンタジー時代劇。
遥か昔の中国、「聊斎志異」の原作者蒲松齢は、人知れず妖怪退治のエキスパートとして、妖怪たちに囲まれながら平穏に暮らしていた。そして、彼の大冒険が始まる!

タイトルは「魔法拳」だけど、もちろん往年の拳シリーズとは一切関係ない!←
ぶっちゃけ配給会社の必死さが伝わります...。

ジャッキーのアクションシーンは、少なめだけどしっかりあるし、ジャッキーならではのコミカルなカンフーは健在。
初めてCGアニメキャラとの共演も新鮮!
懐かしのキョンシーを思わせる妖怪もいたりして、ジャッキーに懐くキモカワイイ妖怪たち....!これぞジャッキー版「妖怪ウォッチ」だ!(適当 
全体的にホンワカした物語なので、「ザ・フォーリナー/復讐者」とは、真逆の明るく笑ってお正月を祝おうぜ映画!

ジャッキーが長いキャリアで、初めてCGアニメを効果的に使った、実験的な作品の様に感じました。
アクション少なめのファミリーコメディって、ジャッキーとはかなり相性がいい!

今作はジャッキーは準主役ポジションで、若者と女幽霊の恋物語がメインストーリー。あの「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」を思わせる展開です。
若い世代に見せ場を譲る辺り、後進の世代に育成の場を与えるジャッキーの懐の深さ! 蒲松齢の弟子役の、リン・ボーホンという若手俳優が好演してました。
中国映画なのに、日本リスペクトな花魁のシーンなんかは、妖艶で良かったですよ!

ものすごい傑作とは言えないけど、新年を祝うファミリーコメディとしてオススメします!点数は僕のジャッキー愛からかなりオマケしました!笑
某tubeで字幕無しで見たときは、イマイチに感じてしまいましたが、やっぱりスクリーンで見るといいですね。結構面白かった。
蒲松齢の棲むトリッキーな家も良かったし、筆を使った魔法もカッコ良かった。ポストプロダクションに一年掛けただけあり、CGも割と良かったと思う。水墨画の様なアニメ演出が印象的でした。

ジャッキーのプチミュージカルも見もので、ジャッキー萌え出来る作品!
アラビア風の衣装を着る所は、「プロジェクトイーグル」を思わせたし、帽子をクルクル回して被る所は、「奇蹟・ミラクル」を連想させ、ジャッキーのセルフオマージュに感激しました。

とにかく生きづらい時代と言われている現在。ジャッキー映画のポジティブさや底抜けの明るさが、厳しい時代を生きるヒントにつながると思うんですよね。
相変わらず世界的に暴力的な作品が多く、時代の閉塞感を表現した作品が、評価されやすい世の中ですが、そんな中ジャッキー映画って大人も子供も、理屈抜きに楽しめる健康的な作品だし、砂漠のオアシスの様な映画だと思います!

とりあえず、今作にお客さんが全く来ないと、とにかくマズい!!ジャッキーがアクションシーンの撮影中、何と溺死しかけたとニュースになった、待望の軍事アクション超大作「急先鋒/Vanguard」が日本公開見送りになってしまう事だけは避けたい!
ジャッキー映画が日本で公開されない、ガチディストピアなんか絶対嫌だ!
ジャッキーファンなら絶対劇場へ!