スタートアップ・ガールズの作品情報・感想・評価

「スタートアップ・ガールズ」に投稿された感想・評価

久しぶりに費やした時間とお金返せ!って思いました(笑)

自分が勤めているIT業界の話だったので、解像度はそこまで求めずとも興味があるテーマなので同僚と観に行ったが、観終わったあとはどっと疲れて即帰宅しました。
nishiyan

nishiyanの感想・評価

2.8
何もかんも正反対な二人の女性がタッグを組んで、起業へと突き進む姿を描いたビジネス青春映画やな。

映画の冒頭、リアルなドキュメンタリー風インタビューをオムニバスに繋いでたりして、これから起業を目指してる人等を応援してますとみたいなワクワク感があってんけど、主人公の二人が登場して新しい事業を次々と思いついては実行を繰り返す段になってからは、新規のビジネスモデルの触り程度の構想を示すだけで、具体的な事業計画の内容についての提示はあれへんかったわ。映画の中で出てきたビジネスモデルは3つあったけど、ビジネスのフレームの説明はちゃんしてて理解はできたけど、そこからの掘り下げはあれへん。資金調達やら目標利益やらスケジュール等の具体性についての情報は全く無く、大学生起業家のぶっ飛んだ行動を中心に話は展開していくわ。

プロットはいたって単純で、自由奔放な大学生で天才肌の起業家役の上白石萌音と、大企業勤務で起業家に投資する業務を担当している平凡なOL役の山崎紘奈、何もかも正反対の2人が嫌々ながらもコンビを組んで新規事業を実現させようとする所謂バディもんや。役柄の性格は真逆なんはまあ当然として、女優2人の身長にエライ差があって、絵面としての凸凹コンビ振りはまあまあ楽しかったかな。それとどっちかがどっちかに感化されて引っ張られてまうというようなことにはならへんと、それぞれ自分には無いもんを持ってる相手に対して憧れやらコンプレックスがあって、お互いに苦手なとこを補完しながら成長していくところにも好感が持てたわ。上白石萌音の今までとは全く違たキャラクターにもちょっと驚かされたかな。でもまあ彼女は何やらしても巧いことしとうな。

せやけど、この手のバディもんはコンビの掛け合いで引っ張っていかなあかんと思うねんけど、掛け合いのパターンがワンパターンすぎるわ。全体として「上白石な突飛な行動に、山崎が困る、反発する」ちゅうパターンしか引き出しないもんやから、途中からはちょっとマンネリ気味やったかな。前述のワンパターンにプラス居酒屋で喧嘩やカラオケの繰り返しじゃ、ちょっと芸がないわ。二人のキャリアを考えたらもうちょっとちゃうパターンがあっても良かったんとちゃうかな。終盤徐々に二人がお互いを認め合うという展開になっていってんねんけど、掛け合いのワンパターンのせいもあってか、二人の変化が感じ取れる描写が薄すぎるわ。

それと上白石のほうのキャラクターの背景が全く語られてへんから謎が大多すぎてそこもちょっと気になったわ。全然生活能力なさそうやのにこれまでどないして生きてきたんやろ?彼女をそこまで動かすんは何や?医療とか福祉に拘る理由は何?大学生やのに何でタワマン住めるん?裏切られる事に対するになんでそこまで恐怖するん?この辺のキャラクターの説明は全く足らんのとちゃうか。

新規ビジネスの掘り下げがあれへんのと、二人の掛け合いのパターンの無さが何とかなってたら、もうちょっと良かったんとちゃう。凸凹コンビのキャスティングと、起業っちゅうモチーフ自体は悪ないだけに、ちょっと残念やったかな。
これにエキストラとして参加しました。
バリバリ写っててビックリ笑

起業するってほんと大変だけど、色んな人に共感してもらった時ってほんと嬉しいんだなとすこしわかるような映画。
・・・たいくつでした。そう長くない尺のはずなのにまだか。。。と思ってしまいました。
題材は面白く、主演のお2人は上手いし期待したのですが、、、脚本かしら?いまいち合いませんでした。
ant

antの感想・評価

2.5
学生起業家と大企業新人の生真面目な二人が始める事業がどうなるか?て展開の物語。だけど、若手の東宝シンデレラガールを組ませた映画って要素が凄く濃い。
題材は新しめで、早く手を付けた者勝ちかもしれないけど、身近じゃ無い感とコメディーなのか中途半端加減がいただけない。フレッシュさの面は買い。
Iri17

Iri17の感想・評価

2.0
笑いも感動も深みも哲学も社会性も唸らせる演出やカメラワークも何もないのが逆にすごいと思った。

ただ山崎紘菜と上白石萌音がアジカンの『リライト』を歌ってるシーンだけ印象に残って、そこはいいなと。

堀北真希の旦那がサイコパスっぽくて家で嫁を手錠で繋いでボコボコに殴るセックスしてそうだなって思いました。(あくまで映画のキャラクターの話ですよ)
さや

さやの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ひかりの行動力は見ててスカッとした
けど、スタートアップの世界って本当にあんなのかな…
知らない世界だけど
最後のプレゼンは響かないし、最後飽きたからやめるってじゃあ杏奈ちゃんは?って思った

ひかりが裏切られることに過剰反応する理由が描かれるのかと思ったけど、回収されなかった伏線

アジカンよかった
#スタートアップガールズ
期待してなかったけどその通りの出来でした。あんしん笑。
スタートアップとガールズがテーマだし題材とか話のまとめ方とかは今っぽくてすごいスマートで良かったんだけど、脚色と演出が足りなかったなぁ…って感じ。なんか映画の中の話まんまのようで事業のアイデアは光るものなのに事業計画書が微妙みたいなこの映画の制作に小松光がいれば良かったのにねーって感じがした笑。主役2人がとっても魅力的で面白かったのでばっちり見てられる映画になってたのでつまんねーとは思わなかった!!
『スタートアップガール』、イマジナリーラインを跨いだカット割りやアクション繋ぎは小津だが、サービスで広角レンズで撮ってあげてる場面に撮影のムラがある。
脚本もいささか言語的で気になる。

ジェンガや卓球で持続させようとしているのも無理がある。

車椅子で走りだすショットやプレゼン会場を花道のように横切るショットの感覚は天才的。編集で走りだすところがチョン切られて、走ることそのものが撮られている。

もっと予算があれば…というのは禁句か。
ひろ

ひろの感想・評価

3.5
サクッと見れる起業の話。
評価があまり良くないようですが、気楽に見られて面白かったです。

もう少し2人の良いところ悪いところを表現してほしいかな。
説明会(プレゼン)がゴールになっているし。起業するためのハードルはもっとあるような気がする。
>|