CHEBUNBUN

ウィーアーリトルゾンビーズのCHEBUNBUNのレビュー・感想・評価

4.5
【ブンブンハブンシガストロミーヲミタ】
2017年『新 感染 ファイナル・エクスプレス』
2018年『カメラを止めるな!』
そして、2019年、、、新たなゾンビ映画の傑作が現れる。

その名も!

『WE ARE LITTLE ZOMBIES』

今回はご縁がありまして、試写会で観させていただきました『WE ARE LITTLE ZOMBIES』を紹介します。

本作は2017年にユーロスペースで公開され、邦画クラスタの間で密かに話題となった『そうして私たちはプールに金魚を、』の電通出身監督、長久允監督が、長編初監督作にしてサンダンス国際映画祭審査員特別賞、ベルリン国際映画祭スペシャル・メンションを受賞した作品です。しかも、どちらも日本人初の快挙なのです。

『そうして私たちはプールに金魚を、』は『台風クラブ』を30分にZIP圧縮し、中島哲也カラーを隠し味に添えた凄まじい青春映画でした。それを今回は120分に解凍させたのです。

そう聞くと不安に思うでしょう。確かにブンブンは不安でした。確かにキレッキレッの映像が今回も繰り広げられる。まるでバカリズムのシュールな、風刺コントのように、あるいは『斉木楠雄のψ難 』さながらの冷静沈着なツッコミが、電子音、中島哲也的サイケデリックな色彩の混沌で繰り広げられます。

我々は何を魅せられているんだろう、これってゾンビ映画じゃないよねと思う。

しかし、それは罠だった。

これは観る分子ガストロミー。緻密に計算された映画で、一見宙に散乱しているギャグやアイテムがしっかり噛みあってくるのです。

そして、何故《ゾンビ》なのかという問いに対して鋭い社会風刺でもって、油断した貴方の心を鷲掴みにするのです。

オレンジジュースだと思っていたら、いつの間にかシャーベットになっている。口の中で全く別の食感が錬成される様に大満足。

『チワワちゃん』に引き続き、一見ヴィジュアルパワープレイの薄っぺらい映画に見えて、どこまでも観る者の心を離さない作品でした。

公開は6月。

もう少し詳しい話は後日ブログに書きます。ブンブンシネマランキング上半期ベスト候補作品でした。