3618

ウィーアーリトルゾンビーズの3618のレビュー・感想・評価

4.0
「シュールだけど奥深い作品」

どう考えても有り得ない話だけど、無さそうでいて、有りそうな話に夢中になり途中で現実を観ているかのような錯覚。

ところどころ笑えて結構ツボ、面白かった。また演出にはかなり力入れたのでしょう、子ども達全員グッジョブ!

変にすべらず、個人的に大嫌いな変なシミジミ感も無し、テンポもよくて、シュールさ満載、子ども向けじゃない大人の作品。最後の最後まで、しっかり入り込めた。

ただこの作品、万人ウケはしないだろうなぁ…好き嫌いが分かれそう。たまにこういうぶっ飛んだ凄い作品に出会えるから邦画はやめられないw

後記
映画館に2回目観に行こうとしたら、まさかの1週間で公開終了、上映してない。つまらん作品公開は長いくせに、あ〜ぁ(白目) こっちがゾンビになりそ (-_-;)

長久監督・脚本が本作で子ども達に伝えたいことが書かれているサイトです。一見奇妙で退屈に見え兼ねない作品が、少しだけ輝いて見えるかもしれません。興味のある方はぜひご一読くださいませ。
https://www.cinematoday.jp/news/N0110781