great兄やん

ウィーアーリトルゾンビーズのgreat兄やんのレビュー・感想・評価

3.9
【一言で言うと】
「身も心も“死んだ”世界で」

[あらすじ]
両親を亡くし火葬場で出会ったヒカリ、イシ、タケムラ、イクコは、感情を失った自分たちの心を取り戻すため、それぞれの家を巡り始める。やがてたどり着いたゴミ捨て場で、LITTLE ZOMBIES というバンドを結成。そこで撮った映像が話題を呼び、社会現象になるほどのヒットを記録する...。

受験期間中に観てた映画シリーズ
8月(16/10)

映像、演出、ストーリー、それにキャスト陣、何から何まで濃密すぎる😅

今作はけっこう賛否が激しく分かれている作品ですけど、自分はというとかなり楽しい2時間を味わえました!!

とにかくね、最初から最後まで尖りまくってるのよ(^◇^;)
全員何かしらの理由で親が死んでしまった4人の中学生。
その4人がそれぞれの大切な物を持って旅に出るという話ですけど、その旅の道中に様々なイベントがあってメチャクチャ楽しかったです😊
それに8bitのRPGをやってるかのような世界観でしたし、内容的にもかなりヘビーな内容なんですけど、その見た目からしてそうは思わないなんとも不思議な映像体験でした。

特に冒頭の「ボクの親が粉になった〜...」からしてかなり皮肉が効いてますし、その骨粉をパスタにかけるパルメザンチーズに例えてるところなんかはもう軽くバカにしてるんじゃないの?って思うくらい尖りまくってましたね(^_^;)

それにキャスト陣がこれまた豪華で、佐々木蔵之介やら菊池凛子やら池松壮亮やら...あとそれにチョイ役でいとうせいこうさんとかも出演していたりと、観る前はかなりインディー寄りの映画かな?と思ってましたけどこれは...かなりお金がかかってますね(・・;)

それから劇中で4人がバンドを組むんですけど、その歌がまた絶妙に頭に残る歌でして😗
あのあどけない感じと言いますか...観終わった後もyoutubeでリピートするくらい耳に残りました。

とにかく最初から最後までチョーエモかったです!!
まさに人生をRPGゲームに例えたストーリーですね😊
あなたの人生はハードモード?
あなたは何の為に生きてますか?
そんな現代社会に疲れきったゾンビのような大人たちに強烈なストレート🤜を喰らわせたような映画でした!!