こめこ

人間失格 太宰治と3人の女たちのこめこのレビュー・感想・評価

3.3

「恥の多い生涯を送って来ました。」

このはじまりだけでドキドキしました。
この作品は主役の太宰も
もちろん見逃せないんだけど

ここは3人の華麗な女性たちに
目を向けざるおえない!
特に、世の女性なら心に響く
いや、感情移入しすぎちゃう作品だったと思う。。

まずはやっぱり
     美知子
こんなに強くて儚くて言葉で言い表せないパワーを持った女性いるのかな?
多分心の底からめちゃめちゃ太宰が好きなんだよ。そばにいて欲しいんだよ。っていうのを私が代弁してあげたいくらい健気
私が美知子なら心ぶっ壊れるぞ

このキャラなんかええなってなるのが
      静子
こんなにキラキラただ真っ直ぐ恋だけを追い求められるともはや清々しい!
エリカ様の美しさ際立ちまくりだからみんな見てくれー!!
何はともあれ
「人間は恋と革命のために
     生まれてきたのだ」
このセリフ大好きなんです
てか好きになっちゃうから!

もちろん忘れちゃいけないのが
      富栄

いやぁこの女性はなんだろうめっちゃ今風に言うとメンヘラとかで片付けられちゃうのかな?、
私は女の人の本当の本当の本性だって
そんな感じがしたなぁ
自分以外見て欲しくないし
触って欲しくないんだよね
うろ覚えだけど
髪の毛一本まで宝物だったのに
ってセリフ本気で誰かを好きで
嫉妬したことある女の子には当てはまりすぎてひやっとしたはず

まあ、太宰に惚れちゃうのも無理ないくらいミステリアスな男って良いよねぇ

ストーリーもいいけど蜷川美香様の
とんでも映像美にやられないようにしないといけない作品だった!
この世界観好きな人は本当に大好きだし
ある意味沼だ