ちいまめ

ジョジョ・ラビットのちいまめのレビュー・感想・評価

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)
4.7
。。。数日たったのに感想がまとまりません。
ただ素晴らしいものを見た、と。

戦争という恐ろしい世界を描いているのに時折くすりと笑ってしまう愛らしさがあり、テンポが良く軽やかで。こんなにいとおしさが前面に来る戦争映画は初めてでした。

信念と愛をもった母が本当に偉大で。母と父双方を懸命に担って子どもを守り、時代に洗脳されず自身の信念もつらぬいて、本当に強く美しく偉大な愛を注いではぐくんで。。愛は最強というキャッチには泣いてしまいます。
母の愛のほかにも、親友の友愛、淡い初恋、守ってくれた大人の支え、苦しい世界なのにたくさんの愛にあふれた作品で。大人も子供も、多くの人に見てもらえたら素敵だなぁと思います。