Bangchang

ジョジョ・ラビットのBangchangのレビュー・感想・評価

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)
4.2
暗すぎない重すぎない、でも明るすぎない軽すぎない絶妙なバランス。死の受け入れ方があまりにもライトで胸のざわつき止まらなかったけどリアルなんだろうなぁと想像できた。それでもやっぱり惨酷で苦しい。足元よく映すなぁと思ったよー…ただラストは少し救われる。

初主演ローマンくんの愛くるしさに助けられました。「ムーンライズ・キングダム」を彷彿とさせるような、ボーイミーツガール物語でもあるところがこの映画の感触の良さなのかも