スローモーション男

ジョジョ・ラビットのスローモーション男のレビュー・感想・評価

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)
5.0
 一言でまとめると素晴らしい❗「ライフイズビューティフル」大好きな自分からすると本当に笑った泣けた😢

第二次世界対戦のドイツを舞台に10歳のジョジョがユダヤ人少女と出会い人間とは何か?愛とは何か?を見いだす物語。
 予告からこれは面白いと楽しみにしていた作品です。テンポがよく伏線があったり風刺的なシーンも沢山あり全部完璧な映画でした。

 オープニング。ジョジョが街に出て行くシーンでbeatlesの「抱きしめたい」ドイツ語バージョンが流れだす。
これは最高な始まりでした。

そして彼の空想上の友達は何とアドルフヒトラー❗
尊敬しドイツに命を捧げる彼はヒトラーユーゲントに入るがウサギを殺せず長官にジョジョラビットと呼ばれてしまう。
 そんな中、家の屋根裏に隠れているユダヤ人少女を見つけ…。

俳優陣の演技が良くて特にジョジョの母親役スカーレットヨハンソンが素晴らしい演技を見せてくれました。愛こそ最強の力よと教えエルサを匿ってあげる最高の母親です。


この映画では戦争を経験したジョジョが大人たちに当たり前と教えてもらったことが少しずつ当たり前ではないと思い最後には自分を信じることになりました。
想像力は自分を作り生き抜く知恵をくれるがいつかは捨てないといけない日がくる。彼は新しいアイデンティティを確立し本物の男になった。
 ラストの敵同士のダンスはチャップリンの「独裁者」の幻のラストシーンと重なります。愛こそが最後に勝った。ジョジョが小さなヒーローとなった本当に素晴らしい作品です。

リルケの詩を読みたい❗