やまぞう

ジョジョ・ラビットのやまぞうのレビュー・感想・評価

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)
5.0
第二次世界大戦下のドイツ。
10歳の少年ジョジョの視点から見る戦争。

ナチスに心酔し、ヒトラーを空想上の友人とするジョジョは、ヒトラー青少年団に所属し、強くて立派な兵士になるべく奮闘するのだが…

子供の善悪の基準は、大人たちや取り巻く環境に左右される。

ユダヤ人は悪で、頭に角が生えていて、自分達と同じ人間ではない。
ドイツ人こそが優良種で、戦地で勇猛果敢に敵を殺す事が英雄となる条件である。

そのように教えられ信じているジョジョだが、戦争がどういうものかもよく分からず、ヒトラー青少年団の訓練もボーイスカウトみたいなノリだ。
本物のナイフと手榴弾や拳銃を使うことを除けば。

そんなジョジョが自ら本当の正義に気づくまで、優しく見守るママ(スカーレット・ヨハンソン)。

美しく聡明で、お茶目なママは、「ナチスと爆弾が世界で一番強い」と主張するジョジョに、「いいえ、この世で一番強いのは愛なのよ」と優しく諭すが、理解出来ないジョジョ。

しかし、ママが家の屋根裏に匿っていたユダヤ人の少女を見つけたことから、ナチスで教えられた事に疑問を持ち始める。

ナチスドイツが勝利すると信じて疑わないジョジョだが、彼の背景に手足を無くした兵士達や、老人や子供に戦術を教える状況を描くことで、観ている私達にドイツの敗戦間近な時期を伝える手法は秀逸。

そして、ジョジョが"ごっこ"ではない戦争の現実を目の当たりにした時…

うーむ。なんかユーモアを交えて戦争の悲惨さを薄めてはいるケド、結構泣けるし感動した。