テッツー

ジョジョ・ラビットのテッツーのレビュー・感想・評価

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)
4.2
斬新で素晴らしい反戦映画でした。ナチス政権下のドイツで少年ジョジョが愛を知り、成長し、そして植え付けられた偽りの愛国心から解放されて本来の自分を取り戻す!ジョジョ、エルサ、ロージー、ヨーキー、そしてキャプテンK、キャラ皆とキャストの方々が好きになりました!
戦時下で植え付けられる「愛国心」を擬人化するという発想が斬新です。しかもそれがイマジナリーフレンドのヒトラーというのも面白い!最初は「ヒトラー」と聞いてイメージする人物像と違い、面白くてちょっと可愛い親しみがわく存在の彼が、ジョジョの愛国心が揺らぎ始めると共にヒトラーのイメージ通りの恐ろしさを感じる存在になっていくのも良かったです。ユダヤ人少女エルサも美しい。自分も彼女に恋しそうになりました。ジョジョの母、ロージー(演じてるのはあのスカーレットヨハンソンさん!)が言う恋をした時の比喩も共感できました。劇中でジョジョも言うようにちょっと気持ち悪い表現ですが、それも含めて恋心をうまく表してるな、と思い、どの恋愛映画よりもうまく恋を表している表現だと思います。